「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

トリコロールが勝利とタイトルを手にするために。 水沼宏太は今日も自然体でチームを引っ張っていく

 

ボールを要求する声、仲間を鼓舞する声、時には叱咤激励する声、あるいは笑いを誘うためのツッコミの声。宮崎県に水沼宏太の声が響き渡っている。

 

 

トップチームに初めて帯同した17歳の時からそうだった。ユース所属の高校3年生なのに、トレーニングになると堂々と声を発していた。錚々たる先輩たちに遠慮して縮こまるのではなく、常に自然体でいられるのは水沼宏太が元来持っているパーソナリティだろう。

 

 

サッカーに取り組む姿勢と仲間への態度は32歳になった今もまったく同じ。チームでは實藤友紀に次ぐ年長者となり、当たり前のことながら遠慮をする相手はいない。今キャンプでは、トレーニングの合間にチームメイトへの要求を繰り返している。理由は至ってシンプルだが、聞けば彼らしい答えが返ってきた。

 

 

(残り 664文字/全文: 1037文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: 水沼宏太

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ