「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

伊藤4:ストライカーらしい泥臭いフィニッシュ / 中澤4:危険な場面には必ずと言っていいほど現れた / ファビオ3.5:さらなる成長が見込める [新潟戦採点&短評]

※5が最高で1が最低。採点は0.5刻み。

GK 1 榎本 哲也「4」

スリッピーなピッチで滑るボールをすべて完璧にキャッチ。ファンブルしなかったことで新潟に二次攻撃のチャンスを与えなかった。

DF 13 小林 祐三「3.5」

果敢に攻め上がりチャンスを作り出したが、最後のクロスがゴール前と合わなかった。守備では中央に絞っての競り合いで強さを発揮。

DF 4 栗原 勇蔵「3.5」

中澤ほどの存在感はないとはいえ、守備の堅さに一役買ったのは間違いない。ビルドアップには進捗も見られるが、もうひと工夫ほしいところ。

DF 22 中澤 佑二「4」

危険な場面には必ずと言っていいほど現れた。際どいクロスボールをすべて弾き返し、シュートブロックも完璧。完封の立役者となる。

 

下バナー

 

DF 24 奈良輪 雄太「3.5」

守備時は中に絞りすぎてサイドのスペースを使われたが、チーム全体で守ったことを考えるとマイナスではなかった。準アシストはオマケだ。

MF 7 兵藤 慎剛「3.5」

攻撃に絡む回数は少なかったが、中盤でこぼれ球を拾う回数もとても多かった。あとは目崎を変えるような展開力を見せられたら、なお良しか。

MF 15 ファビオ「3.5」

相変わらずの守備範囲の広さ。もつれ合うような攻防でもマイボールにできる能力は貴重だ。球出しも含めて、さらなる成長が見込める選手。

MF 20 佐藤 優平「3」

数試合前ほどのインパクトはないが、相手ゴールに向かうランニングはチームに必要不可欠。あとは継続的に結果を残したいところ。

MF 25 藤本 淳吾「3」

最大のチャンスの場面は、あろうことか伊藤によって遮られた。その後、しばらく激高していたように、感情を強く出すのは悪いことではない。

MF 11 齋藤 学「2.5」

ほとんど何もせずに終わった。ドリブル突破で奪われるのが悪いわけではないが、守備をサボるのはいただけない。プレーや振る舞いに成長が見られない。

FW 16 伊藤 翔「4」

ストライカーらしい泥臭いフィニッシュでチームと指揮官に勝利をもたらす。得点後はベンチ前へ駆け寄って樋口監督とハイタッチをかわす。

MF 10 中村 俊輔「3」

マイボールの時間を長くするために起用されたが、ゲームの主導権は新潟に握られたまま。それでも何度か巧みなボールキープを見せた。

MF 8 中町 公祐「3」

彼らしいアグレッシブなディフェンスからボールを奪う。負傷も癒え、シーズン最終盤ながら無事に帰ってきたことを喜びたい。

FW 19 藤田 翔史「-」

この日も時間稼ぎの意味合いが強い出場にとどまる。そういった中でもサボることなく懸命にプレーする姿は選手の鑑でもある。

樋口 靖洋 監督「3」

ホームラストゲームを飾ったとはいえ内容は新潟に軍配。満点の勝利ではないが、勝利への意思を示し続けたことには意味があった。

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ