「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

FC東京移籍の仲川輝人とは「もちろんマッチアップしたい」。 小池龍太はこれからもトリコロールを身にまとい、マリノス愛を表現していく

 

右サイドバックの主力としてリーグ戦26試合に出場した。うち24試合に先発し、出場時間2,160分はフィールドプレーヤーでは岩田智輝に次ぐ2番目に長い数字だ。特筆すべきは途中交代の少なさで、わずか3試合のみ。チームにおける重要度とケヴィン・マスカット監督の重用ぶりを端的に示すデータだ。

 

 

右だけでなく左のサイドバックも器用にこなし、ボランチにコンバートされればビューティフルゴールを決める。献身性と自己犠牲を体現した男は目に見える結果で進化を示し、マリノスに欠かせない選手に昇華した。ベストイレブン選出も納得のパフォーマンスである。

しかしながら小池龍太は満足しない。

「出られる試合ではすべてマリノスのために戦ったつもり。チームとしてタイトルを獲れたこと、この賞をいただけたことを光栄に思う。ただ個人的にケガがあって、その後は自分のパフォーマンスは落ちたと思うし、それがなければもっといいシーズンを過ごせたかなと思っている」

 

 

 喜び半分、悔しさ半分、といったところか。

本人の言葉にもあるように、シーズン終盤に負傷した。程度は軽くなかった。責任感の強さから体に鞭を打って早く復帰し、最終盤は先発出場を続けた。試合後は歩くことさえままならないほど、ボロボロだった。

 

 

だからローマとの親善試合に先発出場したのは、ある意味でサプライズだった。63分までピッチに立ち、攻守両面で高い強度を表現。状態が良くなっていなければできない芸当だった。

試合後は安どの表情を浮かべていた。

 

(残り 1061文字/全文: 1735文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: 小池龍太

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ