「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

永戸のようにどんな状況でもペースを乱さない選手の存在は大きい。 頼もしき背番号2が大きな仕事をやってのけるかもしれない

 

まさかの2連敗で川崎フロンターレと勝ち点2差になっても、永戸勝也の自然体は変わらない。

練習では得意の左足を使って相手を巧みにいなし、クールダウンでは畠中槙之輔や角田涼太朗と並んで走ってニコニコ笑う。「僕自身、残留争いでヒリヒリした経験はあるけど、それとは違う状況。できるだけ自然体でやりたい」という言葉通りの立ち居振る舞いだ。

 

 

反省や後悔で足を止めることはしない。ガンバ大阪とジュビロ磐田は残留争いで尻に火がついている状態で挑んできた。あれだけ守備的なサッカーをせざるをえなかったのは、おそらく本人たちも不本意だったであろう。ただ、この状況でできる100%を出し切ったからこその勝利でもあり、どんな時でも相手へのリスペクトは必要だ。

大切なのはマリノスとして、どんなメンタルで次の浦和レッズ戦に臨むか。永戸の心は整理され、しっかりと次へ向けられている。

「対戦相手のチームがああやって固く守ってくるのは、今シーズンほぼなかった。そういうところで選手同士のイメージの共有ができなかったのはあるかもしれない。でも正直、そうやってくるチームも少ないと思うし、次の浦和はたぶんそういう戦い方をしてこない」

 

 

対戦相手の性質が難しいゲームになった最たる要因だとするならば、次の浦和や最終節のヴィッセル神戸はまったく性格が異なるチームだ。彼らは引いてゴール前を固めるという選択をしないだろうし、する理由がほとんど見当たらない。現在順位や状況を踏まえても、フラットな状態で戦い、前へ出てくる可能性が強い。

「自分たちがやってきたことに集中するほうが大事かなと思う」

 

ヨコエク

(残り 324文字/全文: 1029文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

tags: 永戸勝也

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ