「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「(京都戦のシュートについて) それは終わってしまったことで“たられば”で考えてもその時は戻ってこない。自分の今の状況からしても、下を向いている暇はない」(吉尾海夏)

 

[コメント]

MF 14 吉尾 海夏

――連続でメンバー入りして出場している状況をどのように捉えている?

「今の自分の状況からして、少ないチャンスをしっかりモノにしなければ試合にも出られないし、メンバーにも入っていけない。やっぱりチームが勝つことが大前提で、その中で個人としても目に見える結果を残したいと思っていた」

 

 

――札幌戦では得意な形のシュートもあった。時間が経って、あらためてどのように振り返る?

「試合が終わって映像を見て振り返っても『あの時こうしていれば』というのは山ほど出てくる。でも、それは終わってしまったことで“たられば”で考えてもその時は戻ってこない。自分の今の状況からしても、下を向いている暇はない。一日一日の練習を絶対に無駄にしないように取り組んでいる」

 

――復帰1年目で優勝争いに身を置き、出場機会を得ている。飛躍できるチャンスなのでは?

「チャンスをもらっている中で、なかなか期待に応えられていない。自分が思っている通りのプレーをできていないもどかしさや悔しさ、あとは本来の力を出し切れていない自分にすごく腹が立っている状況だけど、そういう中でもこのチームにいる限りは数少ないチャンスでしっかり結果を残さないと試合には出られない」

 

 

――札幌戦ではシュート以外でも良さを出せている部分があったと思う。ポジティブに感じている部分もあるのでは?

 

ヨコエク

(残り 870文字/全文: 1484文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ