「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

マリノスにとって本当の戦いはこれから。 最終盤の試練を乗り越え、頂点から見える景色を目指す [J30節 札幌戦レビュー]

 

見せ場を作った選手たち

 

渡辺皓太の鬼気迫るプレーには目を見張るものがあった。数日前の練習で見せていたとおりに、ボールへの執着心がすさまじかった。率先して走り、体を投げ出す。それだけにとどまらず、納得できないジャッジには悔しさを露にするなど、感情を表に出していた。

 

 

かつてはおとなしい印象ばかりが先行。持っている能力を発揮し切れていない印象が拭えなかったが、ここへきて覚醒してきた感がある。西村拓真の負傷離脱によってトップ下で起用される機会が増え、この日はボランチで先発し、後半からトップ下へ。マルコス・ジュニオールをわざわざベンチに下げての采配だから、渡辺の働きが首脳陣に認められている証だろう。

目に見える結果につながっていないため満足感はないはず。試合後も「うまく入れ替わりながらプレーしたかった。ちょっと動きが少なかったかなと。自分たちからアクションを起こす回数が少なくて、相手としてはラクだったかなと思う」と反省の弁ばかりが口を突いて出た。

 

 

残り5試合でどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、楽しみで仕方ない。秘めたポテンシャルはチーム随一で、そのままチームとしての伸びしろと言い換えられる。苦労と葛藤を繰り返した時間の分だけ、ここから大きく飛躍してほしいと思わせる選手だ。

同じことは吉尾海夏にも当てはまるが、彼の場合はこの日のパフォーマンスで下を向いている暇はない。74分から出場したポジションはウイングではなくトップ下。ようやく今季のマイ・ポジションで出番がやってきて、しかも0-0という状況で必要以上に力が入るの無理はない。

 

 

 

ヨコエク

(残り 780文字/全文: 1500文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ