「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

唯一にして最大の懸念は、負傷した西村拓真の状態だ 。スパイクを脱いでレガースを取る仕草から悔しさが溢れ出していた [J29節 福岡戦レビュー]

 

開始早々に飛び出した乾坤一擲のファインプレー

 

最初の決定機はマリノスではなくアビスパ福岡だった。

自陣でのミスから相手ボールとなり、フアンマ・デルガドに独走を許す。そのまま打たれたシュートが決まっていたら、展開はまったく違ったものになっていたかもしれない。

 

 

立ちはだかったのはGK高丘陽平だ。的確なポジショニングと決して慌てない精神力で乾坤一擲のセーブ。事なきを得た。

「相手のファーストチャンスを止めるか止められないかは、勝敗に直結する。そこでいいパフォーマンスを発揮できるように試合前も試合中も準備しているし、シュートを打たれる瞬間も相手がどこを狙ってくるのか落ち着いて対応できた」

 

 

サッカーにおいてゴールを決める選手はいつの時代も特別だ。スタンドが最も沸く瞬間は作れるのだから、価値は計り知れない。

一方で、被決定機を防ぐGKのセーブはあまり評価されない傾向にある。GKに得点チャンスはほとんど訪れないが、相手の決定機を阻止して1ゴール分の価値あるプレーはできる。

 

 

高丘の前方に構えるエドゥアルドと岩田智輝のコンビも試合をこなすごとに練度を高めている。自信をのぞかせたのは、ここへきて欠かせない戦力になりつつあるエドゥアルドだ。

「(岩田とは)日々の練習でコンビを組む時間が長く、試合でも一緒にプレーしている。彼も能力が高い選手だし、一緒にやればやるほどお互いの良さが分かってくる。後ろをしっかり固めて、2試合連続で完封できたことも自信になる」

 

 

技術、戦術、高さ、強さ、ビルドアップ。どの観点から見てもアベレージが高い両選手がマリノスの最終ラインを支える。

守護神と両センターバックの貢献は見逃せない。攻撃自慢のマリノスが、守備者の活躍で1-0の完勝を手にした。

 

 

西村拓真は試合開始直後に左足首を負傷

 

唯一にして最大の懸念は、西村拓真の状態だ。

負傷そのものは交代直前の接触ではなく、試合が始まって間もない開始6分のワンプレーだった。

 

 

西村自身が苦い表情で振り返る。

 

ヨコエク

(残り 730文字/全文: 1648文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ