「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

永戸勝也がいよいよチームに必要不可欠な存在に。 左足と自信で、突破口を切り拓く

 

ゆっくりとした動作でボールをセットし、力強い踏み込みから左足をシャープに振り抜く。速い弾道が目いっぱいジャンプした相手DFの頭をかすめると、ボールの行く先にはトリコロールのユニフォームが待っていた。

「1点目はニアの上を狙って、それが(岩田)智輝に流れていくところまで狙っていたところ」

 

 

CKから先制点のアシストに成功したFC東京戦を振り返り、永戸勝也は手ごたえ十分に語った。

最近の公式戦では流れの中でも存在感を示すようになってきた。ビルドアップ時は巧みなポジション取りで相手のマークを外す。ボールを受けてからは持ち前のスムーズな身のこなしで攻撃を加速させ、攻撃に選択肢をもたらす。

 

 

FC東京戦の追加点は見事な連係から生まれた。永戸が左サイドのタッチライン際から斜め前の藤田譲瑠チマへ出したボールをきっかけに全体がスピードアップ。いわゆる“スイッチ役”役となり、仲川輝人の得点を導いた。

「神戸戦と比べても、特に前半はサイドでボールを保持することができた。特に2点目のシーンがそうだけど、出場していた選手は神戸戦からそういったプレーを増やしたいと話していたので、それがゴールにつながったのはポジティブだった」

 

 

悔しい敗戦となったACL神戸戦からの反省を生かし、チームとしての進捗を示すゴールを前向きに感じている様子だ。

反対に、セットプレーからの2失点は反省材料で、修正すべきという考え方もある。2点リードを追いつかれての引き分けだけに、センシティブになりがちな側面もあるかもしれない。

 

 

ただ、永戸は状況を悲観していない。「仕方がない」だけで終わらせるつもりもないが、かといって慎重になり過ぎてもいけない。大切なのはバランスと信念だ。

 

ヨコエク

(残り 377文字/全文: 1147文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: 永戸勝也

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ