■ サーバーメンテナンスのお知らせ(7/24(水)9時~15時) ■

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

27歳の小池龍太が、マリノスを強くする。 マリノスを進化させ、タイトルを手繰り寄せる

 

24歳でマリノスの一員になった男は、今年8月29日の誕生日で27歳になった。たかが3歳、されど3歳の差。いつからかプレーは自信にみなぎり、言葉には責任感が強く漂うように変わった。

加入当初からアグレッシブなプレーが光る優良サイドバックだった。ただ、あくまでも戦力に厚みを加える存在に過ぎなかった印象もある。それが、今では押しも押されもせぬ存在に。7月には日本代表にも選出され、説得力が増す肩書きも加えた。

 

 

27歳の抱負にはシンプルかつ、強い思いが見て取れた。

「26歳で久しぶりに離脱するケガをしたので、27歳は離脱せずチームのためになるように走りたい。残り10試合だけど、このクラブを背負っていけるような存在になれればいいなと思う」

 

 

6月に左ハムトリング肉離れでチームから離脱。ピッチに立って貢献できない日々に、少なからず悔しさを募らせた。それでも中心選手のひとりという自覚が、復帰後のハイパフォーマンスにつながってA代表選出の原動力に。

 

 

順風満帆ではないサッカー人生は大きな糧で、だから今回のACL敗退も真摯に受け止められるのかもしれない。良い意味で涼しい表情でこう語る。

 

ヨコエク

(残り 608文字/全文: 1139文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

tags: 小池龍太

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ