「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「このチームと仲間を心から信じているので、堂々とピッチに立てればと思う。マリノスファミリーの力を結集して思い切ってぶつかっていきたい」(喜田拓也)他 [ACL神戸戦前コメント]

 

 

[コメント]

ケヴィン マスカット 監督

「数ヵ月前のグループステージを経てここに戻ってこられたことをうれしく思う。決勝トーナメントでは勝ち抜きになるが、自分たちは自信を持ってきている。マリノスのサッカー、スタイルをしっかり見せていきたいと思っている」

 

 

――先週末の湘南戦が中止になって休みを取れたと思うが、その影響は? それとヤン・マテウス選手を起用できないままACLを迎えるが、その見通しは?

「湘南戦に向けて準備していたが、それについて何か言うつもりはない。クラブとしてJリーグとして、ファン・サポーターが危険にさらされず安全第一が大事だった。練習スケジュールを変えながらいい準備ができたと思う。

 ヤンは来てくれたことがうれしい。欧州ではプレシーズン中ということもあって、特にこの時期の日本は暑さという面で大変な経験をしていると思う。異国の地で文化も言葉も違う中でよくやってくれているし、これから1日でも早くアダプトしてくれることを信じている」

 

©︎ 1992 Y.MARINOS

 

――アジアの舞台でありながら日本開催になるが、どちらのホームでもない埼玉での試合になる。どのように感じている?

「日本での環境は素晴らしいものがある。自分たちが戦ったベトナムでの予選は簡単ではなかったが、ホームとかアウェイはまったく関係ないなと。自分たちがフォーカスしているのは、コントロールできる部分をコントロールすること。会場や天候や時間はコントロールできないので、そこに時間を注ぐのは無駄だなと。自分たちのパフォーマンスはコントロールできる。いい環境で練習できているし、今日も最高の準備ができた」

 

©1992 Y.MARINOS

 

――ACLでは試合ごとに外国籍選手を3人選ばなければいけない。どのような考えで臨む?

 

 

ヨコエク

(残り 1080文字/全文: 2018文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ