「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「テルは素晴らしいゴールを決めてくれたし、冷静だなと思った。僕は攻撃的な選手なので、ゴールじゃない時はアシストでチームに貢献していきたいと思う」(エウベル) 他 [川崎戦後コメント]

 

[コメント]

ケヴィン マスカット 監督

「率直な気持ちを言えば、もちろん感情的になるし、悔しい結果になった。そういう部分に関しては、自分がすべての責任を負う。でも難しいアウェイの地に来て、自分たちはしっかり支配したサッカーをしたと思う。勝ちにこだわるのはもちろんだし、負けようと思ってサッカーなんてやらない。その中で自分たちの内容を出せたと思うし、自分が見た中でも今シーズンのベストなんじゃないかというサッカーを選手たちは披露してくれた。その選手たちを誇りに思うし、自分は結果だけでなく内容にもこだわりたい。自分たちのサッカーをした上で勝つのが一番いい。アウェイの地で支配するサッカーを見せられたと思う」

 

――素晴らしいサッカーだったと思う。その上で足りなかったところ、勝負を分けた部分を監督としてあえて言うならば?

「難しい答えになるが、最後のクロスをブロックしなければいけなかったとか、ファーサイドのケアが足りなかったとか、それは結果論に過ぎない。相手のロングボールにはしっかり対応できたと思うし、自分たちはしっかり崩し切ってゴールを狙うことにこだわりを持ってやっていたし、今日の試合でも選手たちはそれをやってくれた。結果として1-2で負けたのは事実。自分たちのサッカーをやった上で1-2の敗戦なので、成長しなければいけない部分は少なからずある中でも、選手たちはよくやってくれた」

 

――西村の負傷交代が痛かったと思うが、どのように響いた?

「プランが狂ったとまでは言わないが、前半に西村が交代を余儀なくされた。前半に交代を余儀なくされるという部分では、自分たちだけでなくほかのチームでもあまりないと思うが、西村がどのような状態では分からないがたいしたケガではないことを祈っている」

 

 

――成長しなければいけない部分とは?

「どこをどう伸ばさなければいけないのかパッパッと思い浮かぶことはあるが、明日の朝起きた時は今よりも落ち着いていると思うし、しっかり分析できるだろう。自分たちのサッカーを貫いたと思うし、1-1の状況で自分たちが逆転できるような場面、パスをすれば中がフリーだったというような場面もあったかもしれない。自分たちはホームでもアウェイでも勝ちにきている。これだけ素晴らしい内容のサッカーを選手たちが披露してくれたので、分析していくことでいろいろなものが見えてくる部分があると思う」

 

 

FW 7 エウベル

――内容は素晴らしかったと思うが、結果としては負けてしまった。全体の内容や結果、自身のパフォーマンスをどのように振り返る?

「優勝争いしているチーム同士だし、それにふさわしい試合だったと思う。我々もいい試合をしたと思うし、両チームを称えないといけない。サッカーというのはひとつのプレーで決定してしまうこともあるので、今日はその日だった。ラストプレーで試合を決定するクロスからのゴールだったけど、ここで落ち込まずに目標である優勝をあきらめずにやっていきたい」

 

 

――カウンターから素晴らしいアシストだった。どのような考えでプレーしていた?

 

 

ヨコエク

(残り 1305文字/全文: 2631文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ