「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

喜田「ぶっ倒れてもいいから出し切ろうと思って走った」・栗原「こんな程度のチームが連覇なんかできない。まだまだ甘い」 [北九州戦後コメント]

【試合を終えて】

MF 28 喜田 拓也

「出し惜しみ するよりも、ぶっ倒れてもいいから出し切ろうと思って走った。でも、あの状況で3枚目の交代カードを使うことになってしまった責任を感じる。サポーターに ブーイングされたけど、僕らはピッチでしか返せない。今日はアグレッシブにプレーして推進力を出すプレーがいくつかできたと思うけど、まだまだ」

樋口 靖洋 監督

「今日は調子のいい選手を使った。使いたいと思わせるプレーをしてくれた選手を使った。でも、それが状況を変えるカードではなかったことは僕の反省材料。喜田の交代については、3枚目の交代をどう使うかだった。でも、もう足がつっていたので、そこで選手を入れ替えた。あの交代がなければ、前の選手をフレッシュな選手にして、勝ち越しを狙いに行ったと思う」

 

下バナー

 

DF 4 栗原 勇蔵

「最後の失点は自分が前にいる状況で、ファビオも負傷してピッチの外にいた。それでカンペーさん(富澤)と奈良輪がいる感じだったけど、ラクをしてオフサイドを取りにいってしまった。最後のプレーとしては残念だった。ファビオがいないわけだから、余計に慎重にならないといけなかった。でも敗因はほかのところにもある。コンディションにバラつきがあったし、久しぶりの試合で早くにバテる選手もいた。ウチとしてはチャンスもあったけど、雑な部分もあった。敗因を一つだけ挙げるのは難しい。120分やって疲労だけ残った。こんな程度のチームが連覇なんかできない。まだまだ甘い」

 

MF 11 齋藤 学

「情けないし、勝たなければいけない試合だった。でもこれで下を向いているわけにはいかない。中2日でフロンターレ戦があるので、そこに気持ちを切り替えたい」

 

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ