「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

角田がフォーカスするのは守備と失点ゼロ。 「もっと頼りになる選手になることを意識している」

 

前半戦最大の収穫は、角田涼太朗だろう。

ケガ人続出の苦しい台所事情が背景にあったとはいえ、初先発のチャンスを得た清水エスパルス戦で堂々のパフォーマンスを披露。空陸の戦いで跳ね返す強さ、臆することなくボールを持ち上がる姿勢、そして相手の急所を射抜く縦パスと、すべてにおいてアベレージの高いプレーでレギュラー争いに加わった。

 

 

試合のピッチに立つことで発見があり、喜びを感じられた。同時に悔しい瞬間も味わったが、これはベンチやベンチ外では感じられないポジティブな感情である。

「ここまで去年に比べて多くの試合に絡ませてもらった。だかこそ攻守ともにもっと良さを出さなければいけないと感じたし、もっと自信を持ってやっていきたい。そこの精度や自信をつけるために、もっと成長したい」

 欲はとどまるところを知らない。

 

 

左利きの特性を最大限生かしたビルドアップやサイドバックもできる器用さが注目を集めているが、本人が課題に感じているポイントは少し違う。

 

ヨコエク

(残り 583文字/全文: 1031文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: 角田涼太朗

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ