「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「しっかり勝てたのが一番大事。スタメンで出たかった気持ちはあったけど、大事なのはチーム全員が試合に出るための準備ができていること」(マルコス・ジュニオール) 他 [ホアンアイン・ザライ戦後コメント]

撮影:舩木渉特派員

 

[コメント]

ケヴィン マスカット 監督

「すごく難しい試合だった。スタジアムの雰囲気としてはベトナムの方々が素晴らしい環境を作ってくれた。勝ちはしたが本当に難しい試合で、なかなか自分たちがやろうとすることができず、なかなか支配もできなかった。勝つには勝ったが本当に難しい試合だった。

 緩くプレーしたわけではなく、自分たちは良い2ゴールを決めてコントロールした。ベトナムという地でホームの雰囲気もあって、簡単にやらせてくれることはなかった。相手もハードワークして簡単な試合ではなかった。

 その中でレオは素晴らしい働きをしてくれた。このコンディションでプレーするのは簡単ではなかったと思う。彼は常日頃からハードワークしていた。自分たちのサッカーは高い強度を求められるので、フレッシュな選手が必要になる。全員が準備することが大事になる。

 

©Y.F.M

 

 それにしても今日のレオの働き、そして2ゴールは素晴らしかったと思う。今日の試合では久しぶりにケガから戻った吉尾、それと仲川などはコンディションの部分で難しいところもあったと思う。もうひとつは相手がハードワークし、自分たちを難しくさせた部分もある。地元のファンがたくさん詰めかけた中で自分たちのサッカーを見せられたので、次の試合からは自分たちを応援してもらえたらうれしく思う。

 あとはもうひとつ、正直に言うとしっかり練習ができたのは1回だけだった。練習場の往復に3時間かかったり、行ってみたら水が溜まっていて練習できる環境できなかったこともあった。その中で試合を迎えたこともひとつの要因になったのかなと思う」

 

FW 9 レオ セアラ

「今週こちらに来てからしっかりセットプレーをトレーニングでやってきていた。今日はセットプレーのチャンスがあって、練習通りの形でボールが入ってきて、幸いにもゴールを決めることができた。2点それぞれに形はあったけれど、ゴールを決めることができたのは何よりもうれしい。

 

©Y.F.M

 

(足をつったこと、この大会の難しさについて)やっぱり暑くて、湿気があって、風がなく、すごく難しい環境の中でやらなければいけないことを、今日やってみてすごく感じた。自分はそんなに足をつることはないけど、後半10分くらいで足をつり始めていた感じがした。こういうキツい環境の中でやらざるをえないが、そういうことにもしっかりと対応してやっていかなければいけないと思う。ただ、今日は何よりも勝ち点3を取れたのが一番良かったこと」

 

©Y.F.M

 

FW 30 西村 拓真

「難しい試合だったけど、勝ったのがすべてだと思う。サッカーなので攻められることもあるし、そんなに簡単にはいかないと思うので。

(次に向けて)目の前の試合に向けて全力で準備するだけだと思う。

 

 

(グラウンドなどについて)ボールも違うし、ちょっとボコボコしているところもあるので、その中でも何ができるかが重要だと思う。難しくなるのはわかっていたけど、やっぱりマリノスらしいフットボールをもっとしていかないといけないと思う。

(ACLについて)楽しい。難しい試合ばかりだと思うけど、頑張る」

 

FW 10 マルコス ジュニオール

「まず今日の結果に関しては、とりあえずしっかり勝てたのが一番大事。個人としては復帰して、やっとピッチに立てたのはすごくうれしい。まだ自分ではコンディションがしっかり戻っていないこともわかっているけど、こういう形で少しずつ試合に入れているのは良かったと思う。

 

 

 

ヨコエク

(残り 1738文字/全文: 3517文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ