「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「(ストロングポイントは?)パスのところや、立ち位置を上手く取ってターンしてスルーパスを狙うプレー。あとはスローインのところ(笑)」(松原健) 他 [宮崎キャンプ選手コメント]

 

[コメント]

DF 27 松原 健

――キャンプ途中にアクシデントがあった。チームとしてトレーニングできない時間もあったと思うが、現在の仕上がりや最近の過ごし方は?

「ちょっとイレギュラーなことはあったけど、チームとしてやっていくことはみんなの中で共有できている。練習の一つひとつを100%で取り組むことで、ちょっとしたブランクは補えると思う。個人的な調子も良くなってきているので、早く開幕したいなという気持ちが強い」

 

 

 

――今日は紅白戦を実施したようだが、課題や手ごたえは?

「新しい選手が入ってきて初めてのゲーム形式だったので合わない部分はあったけれど、既存選手がどれだけ良い言葉をかけられるか。今までやってきた共通意識をすり合わせることが大事。最初なのでミスが多くあっていいと思う」

 

――マスカット監督がシーズン開幕前から初めて指揮を執れるキャンプだと思う。違いを感じる部分は?

「大きく変わった部分はないけれど、練習の時から100%の力で取り組まないとタイトルは獲れないと話していた。それは僕たちもそう思うので、すべての練習を100%で取り組まないといけない」

 

 

――ポステコグルー監督とマスカット監督の練習はどちらが厳しい?

「きついのはベースとして残っていて、大差はない。ぼくらは年齢を重ねるのでそのぶんちょっとずつきつくなるけど、若手に負けないように頑張っている」

 

――新加入選手と一緒にプレーする中で、松原選手として加えていきたいエッセンスは?

「まだ実戦形式をあまりやれていないけど、今までのベースを維持するのではなく、より高いレベルに持っていきたい」

 

――川崎フロンターレとの差を埋めるために必要なことは?

「チーム全体、全員が同じ意識を持ってタイトルを獲るという気持ちでやることがベストだと思う。試合に出ていない選手が気持ちを持っていくのは難しい部分もあるけれど、それでも声を出したり、試合に出たいという強い気持ちを持ちながらプレーすることで試合に出ている選手を刺激して、チームの底上げにつながっていくと思う」

 

 

――立ち位置で優位性を取った時にどんなプレーをしていく?

「良い位置を取れた時に、そこでミスをしないことが一番重要。ボールが入ってきて、仮にミスをしても切り替えの早さで優位性を取れることもあると思う。ミスをしても、すぐに切り替える立ち位置を取る。全体で切り替えの部分をより共有していきたい」

 

――在籍6年目になった。昨年は日本代表にも選ばれたが、今シーズンはどのような意識でシーズンを過ごしたい?

 

 

ヨコエク

(残り 1749文字/全文: 2877文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ