「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「指導者のおかげでいいパフォーマンスを示せているという感謝はある。でも、まだまだ満足はしていない」(高丘陽平)

 

[コメント]

GK 1 高丘 陽平

――湘南戦は好パフォーマンスだった。試合を振り返ってほしい

「無失点に抑えることができたし、自分の仕事が最低限できたのではないか。残り試合が少なくなる中で、残留を目指しているチームやACLを目指すチームもあり、難しい試合が続く。チームが勝ちを目指す上で、後ろが頑張って我慢強く戦うことは大事になってくる」

 

――町野選手との1対1やウェリントンのヘディングシュートをセーブし、決定機を防いだことについては?

「(町野との1対1について)しっかり準備できていたし、慌てることなくコースを限定できた。(ウェリントンのヘディングシュートは)クロスが上がってきた時点でウェリントン選手がどこを狙うか想定できていた」

 

 

――加入してからの成長を実感している?

「GKとして一つひとつの能力を上げていくことを毎日フォーカスしてやっている。テツさん(榎本哲也アシスタントGKコーチ)がそういうメニューを落とし込んでくれているので、試合の中でもそういったことを発揮する場面があるのを自分で感じている。指導者のおかげでいいパフォーマンスを示せているという感謝はある。でも、まだまだ満足はしていない。ゴールキーピングやチームへの働きかけもまだまだ良くなると思っている」

 

――マリノスのGKは練習量も多いのでは?

 

 

ヨコエク

(残り 770文字/全文: 1362文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ