■ サーバーメンテナンスのお知らせ(7/24(水)9時~15時) ■

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「監督が代わったからサッカーが変わるようではいけない。このサッカーで勝ち続けることでマリノスのサッカーとして根付いていく」(扇原貴宏) 他 [徳島戦前コメント]

 

[コメント]

松永 英機 監督

――中3日の連戦でアウェイゲームになる。ポステコグルー監督はサイドバックをローテーションさせることが多かったが、松永監督の考えは?

「スタッフの中でそういった話はしていないし、今日(金曜日)の状態を見てから考えて今後のことが決まっていくと思う」

 

――和田選手は開幕戦以来の先発だった。起用した意図や狙いは?

「彼は左サイドバックに限らず複数のポジションができる。ビルドアップのところで精度を持っているし、自分たちのリズムをつかむという意味で大事だった。ほかの選手とのバランスもあったけど、スタッフの中で彼を起用してみようと。試合から離れていた部分もあって、うずうず感を感じていたし、総合的に起用した」

 

 

――実際に見せたパフォーマンスの評価は?

「終盤に点を取れたこともそうだけど、両サイドの落ち着きが全体の落ち着きをもたらした。左サイドだけでなく右サイドの攻撃もそうだし、みんなよかった。やりたいこと、自分たちが目指していることを攻守に渡って出せた」

 

――チームの雰囲気を変えることに成功したと思うが、勝利した試合を含めて雰囲気が変わったと感じる点は?

「雰囲気はとてもいいと思う。ぽっかり穴が開いたという表現が正しいかわからないけど、そういった時間が多少あったと思う。それは選手、スタッフ、それからファンやサポーターにとってもそうだったかもしれない。ただ空いた穴をどのように埋めていくか、一人ひとりがプロフェッショナルとして切り替えてくれたところもあるし、チームとして同じ方向を目指していけた。カップ戦を2つ落としてしまったことも次への切り替えに向けたいいタイミングだったかもしれない。水曜日の試合は入りから終始自分たちのペースで戦えた。自分たちがやってきたことを蘇らせたし、だからこそのパフォーマンスだった。コーチングスタッフもサポーティングスタッフも日々ハードワークして一丸となって戦えた。自分たちでひとつの壁を乗り越えたことがチーム全体の雰囲気につながっている」

 

――監督の働きかけとして具体的にやったことは?

「まずはスタッフでいろいろな話をしてきた。チームの中に入ると今まで見えなかったものが見えたりするので、そこはざっくばらんに共有させてもらった。選手たちの切り替えの部分はプロとして取り組んでいこうと。こういう状況だから変わるのではなく、もう一度原点に戻ってやっていこうという話はした。選手間でもいろいろな話が出ていたと思う。キャプテンを中心にまとまりも出ていたし、選手たち自身が立ち直ってくれたというか、そういうふうに感じている」

 

――松原選手が負傷していると思うのと、札幌戦のウォーミングアップ中に負傷したティーラトンは鳥栖戦も回避した。彼らの状態や次の試合への見通しは?

「選手たちのコンディションは今日のトレーニングをやってからメディカルの報告を待ちたい。メンタル的なコンディションについては、いい状態にある。明日の遠征や明後日のメンバーはこれから考えていきたい。松原選手は多少のケガがあるが、チームスタッフとして復帰までの時間が長引かないようにすることも大事なので、いいコンディションの選手で戦うことが大事だと思っている」

 

 

――仲川選手の状態は?

「いい状態にあると思う。ここぞというところでは彼が出場して活躍してくれると思う。コーチングスタッフといろいろな話をして最終的に決定している。この選手だから、というのではなくチームがどのように機能するか。フィジカル的にもメンタル的にも、そして戦術的にもどう戦うかでベストメンバーが決まってくる」

 

 

――徳島は今季から監督が交代したが継続路線で戦っている。印象やイメージは?

「戦術的にはいろいろ考えて戦ってくるのかなと。堅い守備をするという印象はあるし、ボールを奪ってからはポゼッションしてくる。でも相手がどういうスタイルであっても、自分たちがどういうパフォーマンスをするか。自分たち主体で、自分たちありきで戦っていきたい」

 

――鳥栖戦でも攻守の切り替えやインテンシティのところで勝っていたが、同じようなイメージか?

「自分たちのスタイルは一言でいうとアタッキングフットボール。それを達成するためにはいくつかのキーワードがあって、守備をおろそかにしてはいけない。ハードワークするという言葉も簡単だけど、ただ一生懸命頑張るだけではなく詳細をしっかり確認したい。あるいはアグレッシブなプレーといっても、苦しい時に前へ出ていくのはフィジカル的にもメンタル的にも大変だと思う。自分たちのプレースタイルを発揮しながら結果を出すことが大事」

 

 

MF 6 扇原 貴宏

――鳥栖戦はリーグ戦4試合ぶりの出場だった。どんな意識でプレーしたのか? それと自己評価は?

「まずはもう一度しっかりコンディションを上げることを意識して過ごしていた。その中でチャンスが来たので、個人どうこうよりチームとして状況が少し変わって、絶対に勝たなければいけない試合だった。そういった状況でチャンスが回ってきたので、内容もそうだけど結果が必要な試合だった。マリノスのサッカーで勝てたことが個人的に自信になったし、チームとしても勢いに乗っていける内容だったのでこれを継続することが大事になる」

 

 

――セカンドボールの回収やプレスなどいろいろな要素が素晴らしかったと思うが、一番意識していた点は?

「セカンドボールや前との連動した守備を意識していて、前半はインテンシティ高くプレーできてよかった。後半はちょっとペースというか自分自身のスタミナが落ちてしまったので、そこは課題。全体を動かしながら守備ができたのはよかったと思う」

 

――徳島はしっかりボールをつないでくると思うが、4連勝に向けて大事なことは?

「前からしっかりと連動した守備ができればいい攻撃ができると思う。次の試合もみんなと継続するだけかなと思う」

 

――いろいろな変化がある中で、どのようにメンタル面を整えて鳥栖戦を戦った?

「僕が何かしたかといえばしていないけど、天皇杯とルヴァンカップで負けてしまったことでリバウンドメンタリティを持って鳥栖戦に懸ける思いがあった。自分たち自身がやらなければいけないという責任感を持って戦えたと思う」

 

 

――監督退任によってチームの雰囲気の変化を感じた?

 

ヨコエク

(残り 600文字/全文: 3295文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ