「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

齋藤学のニューヒーロー賞受賞は妥当 -齋藤談:個人賞は愛媛で年間MVPをファン感でもらって以来 (藤井雅彦) -1,219文字-

1日、Jリーグはヤマザキナビスコカップで活躍した23歳以下の選手を対象としたニューヒーロー賞に齋藤学が選出されたことを発表した。チームは惜しくも準決勝敗退となったが、そこに至る過程での活躍と貢献度が評価された格好だ。この賞は設立された96年に名波浩(ジュビロ磐田)、斉藤俊秀(清水エスパルス)がダブル受賞したことに始まり、過去の受賞選手には日本代表選手がズラリと並ぶ。現日本代表の齋藤にはさらなる飛躍が期待される。

ここで選考基準をあらためて明らかにしておくと、Jリーグが発表している記述には『予選リーグから準決勝までの各試合会場における報道関係者の投票をもとに、Jリーグチェアマンを含む選考委員会において選出される』とある。その結果、今回の報道陣投票で第1位に輝いたのが齋藤だった。何を隠そう筆者自身もナビスコカップのいくつかの試合で『齋藤学』の名前を記入し、投票箱に入れていた。

下バナー

(残り 739文字/全文: 1129文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ