You’ll Never Walk Alone Magazine「ユルマガ」

【VSジェフユナイテッド千葉preview】苦悩する東京の10番が流してきた汗の価値 東慶悟は「自分はコンディションを落とさずピッチに立ったときにやるだけ」

 

◇10日 天皇杯3回戦 ジェフユナイテッド千葉 – FC東京(フクダ電子アリーナ)

 

 東京の10番は苦しんできた。東慶悟は6月12日のヴィアティン三重との天皇杯2回戦では自身が最も力が出せるトップ下で先発し、今季初得点を挙げた。だが、それ以降は訪れることのない出番を待ち続けている。

 

 今季リーグ前半戦はけがもあって、序盤の3試合に途中出場しただけだ。カップ戦もルヴァン杯の2試合に途中出場し、先発は天皇杯の1試合のみ。東が「これだけ試合に絡めなくて紅白戦ではセンターバックでやることも多いので正直難しいところはある」と、言葉にするのも無理がない。それだけ苦しい立場が続いてきた。

 

(残り 1204文字/全文: 1510文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ