You’ll Never Walk Alone Magazine「ユルマガ」

【沖縄・国頭キャンプ】7と8の物語は続編へ 伝統を背負う松木玖生と安部柊斗が語った強い覚悟と責任

 

 青赤の78で、頭に浮かぶのはいまでも浅利悟と藤山竜仁の顔だ。僕にとっては気配りのお兄さんと、気のいい兄ちゃんで、駆け出しのころ本当にお世話になった。キャリアの晩年を取材させてもらったが、2人の泣いた顔も、笑った顔も見てきた。馬鹿な話も、真剣な思いも聞かせてもらった。

 

 彼らこそ、FC東京の教科書で、歴史そのものだった。サリさん(浅利)とフジさん(藤山)はクラブ創生期からチームを支えてきた。そこは道なき場所だった。彼らが歩んだ後ろに、このクラブの歴史と道ができた。

 

 そして、今季から彼らが背負った番号は2人の選手の背中に収まった。クラブは、大きな期待を込めて彼らにその背番号を贈った。青赤の78がピッチに立ち、シャーレを掲げる姿を夢見て――。

(残り 2105文字/全文: 2444文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ