青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

高宇洋、カップ戦を含めて出場が途絶えない状況でも最後までプレー。「今日はしっかりと残った上で、追いついて逆転しようという想いはありました」【2024 J1第18節 vs.ジュビロ磐田】

 

Photo by HIROTO TANIYAMA(撮影:谷山央人)


 6月16日のJ1第18節ジュビロ磐田戦、なかなか思うように試合を運べなかった前半でも、要所で持ち味を発揮して見せ場をつくっていた高宇洋。前半5分には左コーナーキックから、相手にクリアされたボールを拾って右足シュート。16分には長友佑都が中から俵積田晃太にパス、ここで時間をつくるように下がってくる俵積田からのパスを迎えた高宇洋はダイレクトで左の前へと浮き球。これは相手ディフェンスの足に引っかかったが、休まずに前へと動き出していた長友に通りそうなシーンだった。そして25分には平川怜からボールを奪うとそのまま前進、ハーフレーンから中央の仲川輝人に斜めのスルーパスを送り、場内を沸かせた。
 
◆前半は悔いが残るゲームだった
 
 しかし結局、前半は無得点。後半39分に安斎颯馬のJ1初ゴールで同点に追いつき敗戦を免れはしたが、不満が募る内容に、試合後は反省が高の口をついて出た。
 

Photo by HIROTO TANIYAMA(撮影:谷山央人)

(残り 1784文字/全文: 2390文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ