青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

レギア ワルシャワと業務提携。FC東京、世界戦略の第一歩【Club Report/無料公開】

 

撮影:後藤勝


 6月18日、FC東京はポーランドのレギア ワルシャワとの間で業務提携契約を結ぶことを発表した。調印式は都内にておこなわれ、ワルシャワからはダリウス ミオドゥスキー オーナー、東京からは川岸滋也社長が出席。また東京の小原光城ゼネラルマネージャー、ワルシャワのラデク モジルコ スカウティングダイレクターが同席した。
 
◆世界に発信していく最初の取り組み
 

撮影:後藤勝


 世界に打って出ようとする東京にとり、今回の提携は欧州に窓口を設けるまたとない好機。川岸社長は次のように述べて喜びを表明した。
 
「レギア ワルシャワとの提携を発表出来ることをとても嬉しく思っています。FC東京は首都・東京のクラブでありますから、世界に発信していく最初の取り組み、そういう位置づけだと考えています」
 
 アカデミー所属選手に活躍の場を設けることと、トップチーム強化についての協力が主な提携内容。東京の視点では欧州が若い選手の修行先となり、また欧州に眠る才能の発掘やフットボールの競技面そのものについての情報交換が可能になる。
 
 一方のレギア ワルシャワも、ミオドゥスキー オーナーが「日本のビッグクラブとこのような提携を結ぶことが出来、レギア ワルシャワとしてもとても誇らしく思っています」と述べて今回の業務提携を歓迎した。またラデクSDは「いろいろなクラブを深く分析し、6カ月調査をしてきたなかで(提携を結ぶ相手として)東京が最適なクラブだと判断いたしました」とコメント。重要なパートナーであることを強調した。
 
◆解像度の高い情報を得られる
 

撮影:後藤勝


 レギア ワルシャワは2023-24シーズンのエクストラクラサ(ポーランドのトップリーグ)を3位で終え、ヨーロッパカンファレンスリーグ予選出場権を獲得した古豪。リーグタイトルをこれまでに15回獲得している名門クラブであり、今回の業務提携にはユーラシアをまたぐ首都同盟といった趣がある。
 
 特筆するべきは、レギア ワルシャワのスカウティング網が発達している点。メガクラブ、ビッグクラブが溢れる欧州全体で見れば、それらと比較した場合に決して潤沢とは言えない予算でありながら、その眼力によって選り抜いた良質の選手を獲得。自チームで活躍させ、市場価値を高めて他クラブに売るというサイクルを成り立たせているのだ。小原GMは「そういうスカウティングの情報を非常に多く持っていることが、ヨーロッパの市場を拡大していきたいという意味ではすごく大きかった」と語った。
 
 川岸社長も、互いの“近さ”を重視していた。
 
「もしヨーロッパから選手を獲ろうと思った時に、相談出来る相手になるな、と。ポーランドのリーグの立ち位置から考えても(Jリーグクラブが置かれた状況に)かなり近い。『この選手はどうだ』と訊ねた時に、彼らなりの分析もあって、そういう話も出来る。我々もいろいろと情報を得ながらやってるんですけど、もっと解像度の高い情報を得られる」
 

撮影:後藤勝


 現地で直に得た情報を汲み上げることが出来るというメリットが東京にとっては大きい。東京は遠く離れたヨーロッパに、信頼出来る“眼”を置くことになる。
 
「過去にアジアのいくつかのクラブと提携したこともありますが、ただそれらとは全く目的が違っていて。いま、日本人選手がヨーロッパにどんどん出ていくなかで、ヨーロッパとの距離感をどう詰めていくかということが必要になってきますし。我々としても、もし仮に選手を送り出すとすればどこのチームに出すべきなのかということを、もっともっと話せる相手のほうがいい。そういうところも含めてヨーロッパとの関係をつくっていかないといけないという課題は認識としてあって、ずっといろいろなところに当たりながら、いろいろな話をさせていただきました」(川岸社長)
 
 期限付き移籍で森下龍矢が加入中のレギア ワルシャワには一定程度、日本の選手に理解があり、また日本のマーケットに興味を示してもいる。一方で、FC東京も欧州のマーケットについてさらに深く知りたい。そこに、両クラブ間で合意に至る余地ががあったようだ。
 
「クラブ自体がグローバルに近づいていかないと、選手の価値も引きつづき上がってこない。もちろんリーグ全体が上がっていかなきゃいけないということはあるんですけど、我々にはそのリーグ(の価値)を上げるために先頭を走っていきたいという想いが社長を中心にある。そこは、なんとか首都の東京のクラブがやって。あとはフットボールの内容も含めて、(欧州の)真似をするということではなく、最先端の情報を採り入れながら、我々がどこをめざすべきなんだ、というところに、常に当たっておくという意味で言うと、情報はやっぱり多いほうがいい。そこを広げていきたい、と」(小原GM)
 

撮影:後藤勝


 東京が新体制となった時に、どういう監督を招聘するのか、どういう戦術を採用するのかという観点で人々の耳目が集まったが、その点でも欧州の知見を得られるというメリットがある。小原GMは言う。
 
「そこはひとつの大きな目的だと思っています。ある程度情報は入ってきているんですけど、より詳細な情報、我々に活かせる情報をどれだけ採っていけるか、色濃く採り入れていくかというところは大きな課題だと思っていたので。そこにトライしていきます」
 
 もちろん、選手を送り出すという意味でもヨーロッパは魅力的だ。ポーランドのエクストラクラサはレベルが高く、東京の選手が移籍したからと言って出場出来るという保証はないが、欧州全土、あらゆるカテゴリーに視野を広げれば、選手の行き来もより活性化する。もしアカデミー所属の選手だけでなく、トップチームの若手選手も欧州に常時、武者修行に出せるということになれば、そこで育てる選手をいつ東京に戻すのかを見定めながら、より計画的に選手層をローテーションさせていくことが出来るようにもなる。
 
 より強く、大きくなるために、外に足場を置く。その最初の取り組みとして、東京は中欧の古豪と手を結んだ。この遠く離れた玄関を通じて、東京の新しい時代が始まる。
 

撮影:後藤勝


———–
 https://www.amazon.co.jp/dp/B00NNCXSRY後藤勝渾身の一撃、フットボールを主題とした近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(装画:シャン・ジャン、挿画:高田桂)カンゼンより発売中!
———–


「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」とは

 

「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」について

『青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン』は、長年FC東京の取材を継続しているフリーライター後藤勝が編集し、FC東京を中心としたサッカーの「いま」をお伝えするウェブマガジンです。コロナ禍にあっても他媒体とはひと味ちがう質と量を追い求め、情報をお届けします。

 

 

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンは平均して週4回の更新をめざしています。公開されるコンテンツは次のとおりです。

主なコンテンツ

●MATCH 試合後の取材も加味した観戦記など
●KODAIRA 練習レポートや日々の動静など
●新東京書簡 かつての専門紙での連載記事をルーツに持つ、ライター海江田哲朗と後藤勝のリレーコラムです。独特の何かが生まれてきます

そのほかコラム、ニュース、などなど……
新聞等はその都度「点」でマスの読者に届けるためのネタを選択せざるをえませんが、自由度が高い青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンでは、より少数の東京ファンに向け、他媒体では載らないような情報でもお伝えしていくことができます。すべての記事をならべると、その一年の移り変わりを体感できるはず。あなたもワッショイで激動のシーズンを体感しよう!

 

■過去1週間の記事一覧

○7/12
○7/11
○7/10
○7/8
○7/7
○7/6
○7/5

 

◎後藤勝(ごとう・まさる)
東京都出身のライター兼編集者。FC東京を中心に日本サッカーの現在を追う。サカつくとリアルサッカーの雑誌だった『サッカルチョ』そして半田雄一さん編集長時代の『サッカー批評』でサッカーライターとしてのキャリアを始め、現在はさまざまな媒体に寄稿。著書に、2004年までのFC東京をファンと記者双方の視点で追った観戦記ルポ『トーキョーワッショイ!プレミアム』(双葉社)、佐川急便東京SCなどの東京社会人サッカー的なホームタウン分割を意識した近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(カンゼン)がある。2011年にメールマガジンとして『トーキョーワッショイ!MM』を開始したのち、2012年秋にタグマへ移行し『トーキョーワッショイ!プレミアム』に装いをあらためウェブマガジンとして再スタートを切った。

 

■J論でのインタビュー
「ライターと編集者。”二足の草鞋”を履くことになった動機とは?」後藤勝/前編【オレたちのライター道】

ご購読方法

3STEPで簡単登録!

  1. お客様情報のご登録

    まずは簡単無料登録!
    必要な情報はメールアドレスだけ!

  2. コンテンツ、決済方法の選択

    豊富なお支払い方法! クレジットカード、キャリア決済も対応!

  3. コンテンツの購読完了!

    お手続き完了後、コンテンツ内の有料記事がすぐに全て読める!

無料会員登録

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ