青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

徳元悠平、再現性のある正確なフリーキックで今シーズン初アシスト。「中を信じて強気で蹴ることが出来た」【2024 J1第18節 vs.ジュビロ磐田】

 

Photo by HIROTO TANIYAMA(撮影:谷山央人)


Photo by HIROTO TANIYAMA(撮影:谷山央人)


 6月16日におこなわれたJ1第18節ジュビロ磐田戦で唯一のゴールは徳元悠平の左足から生まれた。終盤、セットプレーの場面に東京のキッカーとして立っていたプレーヤーは原川力と徳元。右足なら原川、左足なら徳元という塩梅で、後半39分の直接フリーキックはボックスの左手前から。角度を考えれば左足のアウトスイングで東京の選手たちに向かうボールを徳元が蹴り、そこに対して額を当てればゴール方向にヘディングシュートが決まりそうな場面だった。
 
◆「自信がありました」
 
 この期待に違わず、磐田の川島永嗣が触れない、ゴールキーパーとフィールドプレーヤーの間を通すボールを徳元が蹴ると、ファーサイドに詰めた安斎颯馬が頭でJ1初ゴールを決めた。1-1の同点に追いつき、敗戦を免れる貴重な得点だった。
 
 FC東京のJ1ホーム通算600得点目でもある記念のゴール。試合後、徳元はキックの正確性をあらわすかのように自信を漂わせていた。
 

Photo by HIROTO TANIYAMA(撮影:谷山央人)

(残り 1598文字/全文: 2326文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ