青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

安斎颯馬、立ち位置の修正でハイプレスを回避。「前半の途中から徐々にボールが動くようになった」。後半途中からは左サイドハーフで躍動【2024 YLCプレーオフR.1stLeg vs.サンフレッチェ広島】

 

Photo by HIROTO TANIYAMA(撮影:谷山央人)


 6月5日におこなわれたルヴァンカッププレーオフラウンド第1戦では、サンフレッチェ広島のすばやいプレスに苦戦。序盤の前半10分と11分に連続失点を喫し、FC東京にとっては苦しい展開となったが、立ち位置を修正することで広島の急襲をダイレクトに受けにくい展開に持ち込み、1点差で第1戦を終えることとなった。
 
◆最後の質を上げないといけない
 
 結果的に東京の1点目となるPKをディエゴ オリヴェイラが準備していた前半24分頃、ピッチ上では木本恭生、高宇洋、安斎颯馬が話し合いをしていた。
 

Photo by HIROTO TANIYAMA(撮影:谷山央人)

(残り 1825文字/全文: 2284文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ