青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

エンリケトレヴィザン「途中からいい形で相手を嵌められた」と、戦術修正後の噛み合わせに手応え【2024 J1第15節vs.横浜F・マリノスからルヴァンカップ3回戦vs.サガン鳥栖】

 

Photo by Ayano MIURA(撮影:三浦彩乃)


Photo by Ayano MIURA(撮影:三浦彩乃)


 J1第14節名古屋グランパス戦では本来のスタイルを忘れたかのように重心が後方に重くなってしまったFC東京。しかし第15節横浜F・マリノス戦では2センターバックの木本恭生とエンリケ トレヴィザンが果敢にラインを上げ、アタッキングフットボールを掲げるマリノスに対し真正面からぶつかっていった。
 
◆次のステージに行きたい
 
 水曜日の名古屋戦でベンチ入りを果たした時点でコンディションには自信がありそうだったエンリケ。木本同様、攻守に前へと向かう意識が高かったマリノス戦を次のように振り返った。
 

Photo by HIROTO TANIYAMA(撮影:谷山央人)


Photo by HIROTO TANIYAMA(撮影:谷山央人)

(残り 1919文字/全文: 2574文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ