青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

エンリケトレヴィザン、タテに速いフットボールへの適合をあらためて示すか。「自分のプレースタイルはアグレッシヴに行くというもの」【2024 J1第15節vs.横浜F・マリノス(HOME)Preview】

 

撮影:後藤勝

 J1第15節横浜F・マリノス戦を控えた5月17日、小平でボールを動かすエンリケ トレヴィザンの姿はきわめて好調に映った。J1第13節柏レイソル戦の後半44分にアクシデントがあり、木本恭生と交代。その後、第14節名古屋グランパス戦のメンバーに入り遠征に帯同。出場機会はなかったが、既にプレー可能な状態となっていた。

◆調子はいい

「特に、個人的には問題はありませんし、調子もいい」

 こう語るエンリケに名古屋戦の時はどうだったのか──と訊ねると、苦笑いが浮かんだ。

(残り 1345文字/全文: 1653文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ