青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

国立のゴール裏に向かい「自分がいるべき場所はここ。常にここにいたい」と感じていた寺山翼。長年のライバルである森田晃樹とプロの舞台で対戦なるか【2024 J1第8節vs.東京ヴェルディ(AWAY) Preview】

 

撮影:後藤勝


 4月10日に誕生日を迎えたばかりの寺山翼が、24歳となって初のダービーマッチを迎える。今年は背番号を以前から大好きな17番に変更、満を持して臨んだが、シーズン序盤はなかなかメンバーに絡めなかった。前節、J1第7節鹿島アントラーズ戦では今シーズン初めてベンチに入りながら出場なし。翌日、練習試合ヴァンフォーレ甲府戦にキャプテンマークを巻き、フル出場。ハードワークを貫徹して存在感を示したが、今節、第8節東京ヴェルディ戦のメンバー入りはなるだろうか。

◆決めてヒーローになれるか

 ヴェルディ戦については「勝つだけだと思います」という寺山。相手側の重要人物である森田晃樹とは小学校の時から対戦しているという。

「足もとが巧いなという印象をずっと持っていて。ドリブルで進入してきたりするのが巧いので、そういうところを警戒しないと。“するする”って運ばれてゴール前まで持ってこられる、というシーンをつくられると、ウチとしては多分やりづらくなる。そこをケアしながら出来ればと思います」

撮影:後藤勝

(残り 1427文字/全文: 2018文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ