青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

長友佑都、日本代表復帰! 常に己を更新していくレジェンドは「危機感といろんな誇りを胸に戦えると、またヴァージョンが上がっていく」。ピーター監督は「彼は熟成した赤ワインのようだ」と称賛【Special】

 

撮影:後藤勝


 3月14日、日本サッカー協会はワールドカップ北米大会アジア2次予選に向けた日本代表メンバーを発表。FC東京からは長友佑都が選出された。2022年ワールドカップカタール大会で日本代表の最終試合となったクロアチア代表戦から数えると約1年4カ月ぶりの代表復帰となる。今年の9月12日で38歳の誕生日を迎える長友が、前人未到のワールドカップ5大会連続出場に向けて本格的に名乗りを上げた。
 
◆いまはヴァージョンいくつなのか?
 
 東京の誇り、クラブのレジェンド的存在の37歳での代表選出に、指揮官のピーター クラモフスキー監督は「彼は熟成したワインのようだ」と、称賛した。
 
「彼にとっても本当に特別な瞬間だと思います。彼は日本のフットボールにとって特別な選手。彼が代表に呼ばれたことは特別なことだと思います。ハードワークして、自分自身もそうですし、チームに対してもそうです。彼を誇りに思っていますし、クラブ全体が誇りに思えることだと思います。彼を100パーセント、北朝鮮戦に向けて応援したい。(彼を東京で起用しつづけている理由は?)すべてだと思います。練習でいいプレーをしていますし、基本的なところもしっかりとやってくれています。赤ワインのような感じで、本当に熟成して、よくなっていっていると思います」
 

撮影:後藤勝

(残り 1887文字/全文: 2609文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ