青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

児玉剛、1対1に無類の強さを発揮。1本目を無失点で乗り切り勝利につなげる役目を果たす【2024 沖縄国頭キャンプ/練習試合】

 

撮影:後藤勝


 FC東京が8-2の勝利を収めた1月23日の練習試合FC琉球戦では、ゴールを守る児玉剛の活躍が目立った。1本目の10分、まだ思うようにペースを握れていなかった東京にピンチが訪れる。カウンターからシュートを放たれ、これを児玉剛のセーブでしのぐと、次のコーナーキックも児玉が弾いて乗り切る。セットプレーと最終ラインから組み立てる攻撃に時間を割くあまり、攻から守への切り替えの練習には着手していない段階。前がかりになって攻め込んだあとの対応は課題だが、ここで児玉の力がものを言った。
 
◆今年はけっこう身体が動く
 
 こうして序盤のピンチを耐えて以降は東京がペースを握った。多くの選手を交代したあとの時間帯ではまだそのメンバーが試合に入りきれていない時間帯に2失点を喫したものの、そこ以外ではことごとく1対1の場面を制し、東京に安定感をもたらしていた。
 

(残り 1418文字/全文: 1885文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ