青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

木村誠二「センターバックは絶対『経験』と言われるポジション。試合に継続して出ていないとダメ」【2023振り返り】

 

撮影:後藤勝


 2022シーズンにモンテディオ山形への期限付き移籍から復帰してきた木村誠二は県立カシマサッカースタジアムでおこなわれたJ1第31節鹿島アントラーズ戦に出場して無失点での勝利に貢献。次年度への期待を抱かせた。しかしエンリケ トレヴィザンが負傷離脱から復帰してきた2023シーズンは継続してのベンチ入りが難しく、リーグ戦の出場は5試合269分間に留まった。
 
 一方、パリ五輪をめざすU-22日本代表では一頃よりも序列を上げてほぼレギュラー格に成長。11月18日におこなわれた親善試合U-22アルゼンチン代表戦に出場し、5-2での歴史的な勝利に関わるひとりになった。
 
◆頑張るしかない
 
 なかなか出場機会を掴めないクラブと、選ばれつづける代表との往復。この1年は充実感をおぼえながらも悔しさが募った。
 

(残り 1370文字/全文: 1817文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ