青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

寺山翼、小平での練習で好プレーを連発。個の力を身に着けたその先に「勝負強さはこの先に絶対必要」と、パワーアップした東京の未来像を見据える【Report】

 

撮影:後藤勝


 大卒ルーキーでありFC東京アカデミー出身の寺山翼が充実の度合いを増している。1月の沖縄キャンプまで遡れば最初の練習試合でスタメン組に入るなど期待は高かったが、その期待に背かず1シーズンを通して少しずつ評価を高め、ベンチに定着しつつある。それだけでなく小平でのトレーニングを見ても士気は高く、有効なプレーを繰り出していこうとする意識も高い。
 
 もしかすると、チームの年間順位が見えてくるシーズン終盤の状況であろうがそんなことは関係なく、ひたすら自身の力を向上させてポジション奪取に挑んでいく立場も手伝い、練習を含むすべてのセッションで己を成長させようと、時間を有意義に使おうとする心理が働いているのかもしれない。
 
◆勝ちにこだわる
 
 およそ消化試合の時期などという言葉とは無縁の熱量を発散する寺山に、現在の心境を訊ねた。
 

(残り 3295文字/全文: 3755文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ