青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

野澤大志ブランドン、敵地“えがおS”を知る守護神として熊本に降臨の可能性【2023 天皇杯4回戦 FC東京vs.熊本 Preview】

 

撮影:後藤勝


 天皇杯4回戦、ロアッソ熊本戦のゴールマウスを野澤大志ブランドンが守る可能性が出てきた。
 
 リーグ戦と天皇杯の全試合に出場しているキャプテン平川怜のほか、今シーズンFC東京から熊本に移籍した岡崎慎とも接点がある野澤。世代は被っていないが松岡瑠夢もFC東京U-18卒の先輩に当たり、熊本は知らない相手ではない。
 
◆勝負の仕方もリーグ戦とはちがう
 
 いわてグルージャ盛岡への期限付き移籍時代にも、その間のリーグ戦での熊本戦すべてに出場。大木武監督が率いるようになってからの熊本を熟知しているほか、2019シーズンのFC東京U-23での遠征も含めるとえがお健康スタジアムを2回体験している。青赤軍団にとっては心強い守護神が、後方からゲームをコントロールする。
 

(残り 1288文字/全文: 1714文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ