青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

小泉慶、勝利を求める心は揺るがず。「鹿島は『結局、この世界は勝たないとどれだけいい内容のサッカーをしてもなんの意味もない』と教えてくれた」【2023 J1第10節 FC東京vs.新潟 Preview Part1】

 

撮影:後藤勝


 2014から17シーズンまで所属していたアルビレックス新潟は「プロ一年目の最初のクラブ。感謝しかない」という想いを抱く対象だが、戦うかぎりは勝点3を狙うしかない。小泉慶は、今週末に開催のJ1第10節では勝利を収め「成長した姿を見せられるようにしたい」と、恩返しをするつもりだ。
 
 ボール保持の質ではFC東京を上回るだろう新潟に対しては、やはり高い強度で立ち向かうことが重要だと考えているようだ。
 
「強度の部分で上回れれば負けない。初歩的なところ(原点)に戻って、いろいろな戦術はありますけど、その前に戦う部分は忘れちゃいけない。その辺りが鍵になってくる」
 
◆ああいう試合(広島戦)で勝点3を獲れたことには自信を持っていい
 
 強い個が集まった、そんな野武士集団のようなたくましさが前節広島戦の東京にはにじみ始めていたが、それはピッチ内に身を置く当の小泉も感じているようだ。
 

撮影:後藤勝

(残り 1205文字/全文: 1772文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ