青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

FC東京U-18、最終戦を白星で飾る。プレミアEAST第13節は2-0、その後のB戦は3-0で大宮アルディージャU18に勝利【無料公開】

 

試合前のFC東京U-18(以下、撮影はすべて後藤)。


 12月12日、FC東京U-18は東京ガス武蔵野苑多目的グランド(人工芝)で高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021 EAST 第13節に臨み、4位の大宮アルディージャU18と対戦。2-0の勝利を収め、今シーズンの掉尾を飾った。なお試合後は45分×1本のB戦がおこなわれ、こちらは3-0のスコアで大宮に勝っている。
 

交代する安田虎士朗がキャプテンマークを梶浦勇輝に渡す。


 成立試合数の関係で大宮は勝点3を上積みしても3位の横浜F・マリノスユースを上回ることが出来ず、東京が勝っても大宮を抜けない状況で迎えた延期分の1試合だったが、最後を勝利で終えたいという気持ちが優ったのか、B戦も含めて終始、東京が圧倒した。
「全員の力で勝つ」「先発のやつは責任を持て」。中村忠FC東京U-18監督の言葉に送り出された選手たちはキックオフの瞬間から全力でボールを奪いに行った。
 
 開始から間もない前半8分、ここのところ先発から遠ざかっていた野澤零温が宮下菖悟からの浮き球を右足でダイレクトに蹴り込み先制。37分にはこの日右サイドでキープレーヤーとなっていた宮下を経て右から梶浦勇輝が送ったボールが相手選手に当たってオウンゴールとなり、点差を拡げた。ベンチからも再三、点を獲りに行く姿勢を緩めないよう声が送られ、その後も積極的にゴールへと迫った東京は追加点こそなかったものの充実の完封劇で最後の公式戦を終えた。B戦(練習試合)は髙橋安里、谷村峻、桜井秀斗の3人がゴールを決めた。
 

上空に浮かぶ月。


◆中村忠FC東京U-18監督のコメント
 
──最終節を勝利で終えたが。
 
 今日の試合に関しては、ほんとうに選手が元気よくやってくれたな、と。本来であればもっと早くにこういう積極的な、どんどん仕掛けていく、ボールを奪いに行くというサッカーが毎試合出来るようになるとよかったんですけど、おそらく、私の力足らずのところで……。
 ただ今日の最後のゲームが、ホームでいいかたちで勝てただけではなく、ほんとうに内容もね、非常にいいものだったので選手にはそれを伝えて。さらにがんばっていきましょう、と伝えました。
 
──今シーズンを振り返って。
 
 私自身も子どもたちにチャレンジ、チャレンジという話をしながらも、まだ積極的にサッカーをさせられていなかったという部分が非常に大きかったかな、と。いろいろな要因があると思うんですけど、それはまたぼくのなかでも振り返らなくちゃいけない。ただほんとうに、もっともっとやれる選手たちだと思っています。そういった意味では、全体を通してはまだまだ反省しなくてはいけないシーズンだったかなと。今年は。
 ただそのなかでもね、今日のゲームはこうやってほんとうにいいものが出せたし、この一年でほんとうに力をつけてたくましくなった選手もいっぱいいる。それはまたこれからのサッカー人生のなかでね、ステップアップの糧にしてほしいなと。
 
──チームの成績とは別に最終的には個々の選手がそれぞれ得たものが?
 
 課題とね、しっかり目標を持ってやれている部分もあったのかなと。だから全部が悪いということではなくて、ほんとうにまだまだ途中の選手なのでね、全員ね。
 いい意味で今年達成出来なかったこと、結果とかだけじゃなくて個人の課題などをまた見つめてやっていってもらえればいいかなと思います。
 

中村忠FC東京U-18監督。


———–
 https://www.amazon.co.jp/dp/B00NNCXSRY後藤勝渾身の一撃、フットボールを主題とした近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(装画:シャン・ジャン、挿画:高田桂)カンゼンより発売中!
———–


「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」とは

 

「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」について

『青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン』は、長年FC東京の取材を継続しているフリーライター後藤勝が編集し、FC東京を中心としたサッカーの「いま」をお伝えするウェブマガジンです。コロナ禍にあっても他媒体とはひと味ちがう質と量を追い求め、情報をお届けします。

 

 

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンは平均して週4回の更新をめざしています。公開されるコンテンツは次のとおりです。

主なコンテンツ

●MATCH 試合後の取材も加味した観戦記など
●KODAIRA 練習レポートや日々の動静など
●新東京書簡 かつての専門紙での連載記事をルーツに持つ、ライター海江田哲朗と後藤勝のリレーコラムです。独特の何かが生まれてきます

そのほかコラム、ニュース、などなど……
新聞等はその都度「点」でマスの読者に届けるためのネタを選択せざるをえませんが、自由度が高い青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンでは、より少数の東京ファンに向け、他媒体では載らないような情報でもお伝えしていくことができます。すべての記事をならべると、その一年の移り変わりを体感できるはず。あなたもワッショイで激動のシーズンを体感しよう!

 

■過去1週間の記事一覧

○7/22
○7/21
○7/20
○7/19
○7/17

 

◎後藤勝(ごとう・まさる)
東京都出身のライター兼編集者。FC東京を中心に日本サッカーの現在を追う。サカつくとリアルサッカーの雑誌だった『サッカルチョ』そして半田雄一さん編集長時代の『サッカー批評』でサッカーライターとしてのキャリアを始め、現在はさまざまな媒体に寄稿。著書に、2004年までのFC東京をファンと記者双方の視点で追った観戦記ルポ『トーキョーワッショイ!プレミアム』(双葉社)、佐川急便東京SCなどの東京社会人サッカー的なホームタウン分割を意識した近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(カンゼン)がある。2011年にメールマガジンとして『トーキョーワッショイ!MM』を開始したのち、2012年秋にタグマへ移行し『トーキョーワッショイ!プレミアム』に装いをあらためウェブマガジンとして再スタートを切った。

 

■J論でのインタビュー
「ライターと編集者。”二足の草鞋”を履くことになった動機とは?」後藤勝/前編【オレたちのライター道】

ご購読方法

3STEPで簡単登録!

  1. お客様情報のご登録

    まずは簡単無料登録!
    必要な情報はメールアドレスだけ!

  2. コンテンツ、決済方法の選択

    豊富なお支払い方法! クレジットカード、キャリア決済も対応!

  3. コンテンツの購読完了!

    お手続き完了後、コンテンツ内の有料記事がすぐに全て読める!

無料会員登録

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ