青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

フレッシュなゴールゲッター続出のFC東京U-18、得点力増強の予感。J3の刺激を糧に急成長の常盤亨太、横河で世界一を経験済みのU-17代表角昂志郎【アカデミー/プリンスリーグ】

 

2試合連続ゴールの常盤亨太。

U-17ワールドカップも見据える角昂志郎。

 高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ2019 関東第13節、川崎フロンターレU-18との“クラシコ”を4-0で制したFC東京U-18は、つづく第14節、今度は前橋育英高校を相手に3-0の勝利を収めた。同リーグ戦は第12節までに3得点以上を挙げた試合は横浜FCユースとの開幕戦(3-1◯)しかなかっただけに、秋の大変身と言ってもよいのかもしれない。

 しかも得点者の顔ぶれがフレッシュだ。これまでプリンスで2点以上をマークしているのは小林里駆、宮田和純、森田慎吾、バングーナガンデ佳史扶だけで、彼らを除くと青木友佑と野澤零温が1点ずつを挙げたのみ。しかし第13節では岡哲平と常盤亨太、第14節では久保征一郎と角昂志郎が今シーズンのプリンス初ゴールを決めている。

◆角昂志郎の場合

 昨年、U-16日本代表としてAFC U-16選手権2018を制し、今秋10月には2019 FIFA U-17ワールドカップ出場を控えた角昂志郎は、FC東京U-18では3-4-2-1のシャドーを務める。しかしプリンスリーグでのゴールは皆無だった。
「今シーズンずっと点が獲れていなくて、チュウさん(中村忠FC東京U-18監督)からも

(残り 1862文字/全文: 2542文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ