青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

チャン ヒョンス、ワールドカップに向けた韓国代表28名に選出。キャンプで本大会の切符を掴め【ニュース/無料記事】

本日5月14日10時、韓国サッカー協会は「2018 FIFA ワールドカップロシアに向けた韓国代表のトレーニングキャンプメンバー」28名を発表。FC東京のチャン ヒョンスがこのメンバーのひとりに選出された。チャン ヒョンスは5月20日のJ1第15節vs.サガン鳥栖戦終了後、韓国代表に合流。5月21日から6月1日まで実施されるトレーニングキャンプに参加する。韓国代表は、5月28日には大邸(テグ)スタジアムでホンジュラス代表と、6月1日には全州(チョンジュ)ワールドカップ競技場でボスニア・ヘルツェゴビナ代表と対戦。その後、ワールドカップ本大会に参加する最終メンバー23名を発表する。

小平グランドのクラブハウスで取材に応じたチャン ヒョンスは「まだ23人のなかに入ったわけではないので、緊張は切らさず、(最終メンバーの)23人に入れるよう、しっかり準備したいと思います」と顔を引き締めた。浮かれる様子は微塵もなかった。
「四年前に予備登録メンバーとなったときは、それほど期待感も、代表に行けるという自信もなかった。ワールドカップに行ければよかったけれども、現実を受け容れたとき、力不足だなと感じました」
四年前は現実味が足りなかった。いまはもう少しで手が届くところまで来ている。

その後の積み重ねが現在に活きている。かつてパスをつなぐをしたいと日本でプロの路を選んだチャン ヒョンスは中国で激しい競り合いに身を投じてまた新たな一面を育て、総合的に優れたディフェンダーとなり、昨年、東京に帰ってきた。振り返ると、やはりJリーグではパスの技術と展開を学んだのだと、チャン ヒョンスは言う。

「長谷川健太監督から学んだことは?」と訊ねると、東京のキャプテンはこう答えた。
「守備の部分で、ボールに対する執着力。それが自分にとっての大きなものです。それ以外にも学んだこと、これから学ぶことも多いのですが、いまの時点ではそこですね」

韓国へと出発するまであと6日。小平でのトレーニングがあり、鳥栖でのJ1リーグ戦がある。J1次節は「いい結果を残して代表に出発できれば、それ以上のものはないと思います」。勝つことへのこだわり。それが評価にも、己の力にもなることを彼は知っている。そしてなにより、勝利は所属チームに貢献した証だ。東京の48番は貴重な勝点3を獲得し、ワールドカップに向けた生存競争に挑む。

———–

後藤勝渾身の一撃、フットボールを主題とした近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(装画:シャン・ジャン、挿画:高田桂)カンゼンより発売中!
書評
http://thurinus.exblog.jp/21938532/
「近未来の東京を舞台にしたサッカー小説・・・ですが、かなり意欲的なSF作品としても鑑賞に耐える作品です」
http://goo.gl/XlssTg
「クラブ経営から監督目線の戦術論、ピッチレベルで起こる試合の描写までフットボールの醍醐味を余すことなく盛り込んだ近未来フットボール・フィクション。サイドストーリーとしての群青叶の恋の展開もお楽しみ」
———–

「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」とは

 

「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」について

『青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン』は、長年FC東京の取材を継続しているフリーライター後藤勝が編集し、FC東京を中心としたサッカーの「いま」をお伝えするウェブマガジンです。コロナ禍にあっても他媒体とはひと味ちがう質と量を追い求め、情報をお届けします。

 

 

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンは平均して週4回の更新をめざしています。公開されるコンテンツは次のとおりです。

主なコンテンツ

●MATCH 試合後の取材も加味した観戦記など
●KODAIRA 練習レポートや日々の動静など
●新東京書簡 かつての専門紙での連載記事をルーツに持つ、ライター海江田哲朗と後藤勝のリレーコラムです。独特の何かが生まれてきます

そのほかコラム、ニュース、などなど……
新聞等はその都度「点」でマスの読者に届けるためのネタを選択せざるをえませんが、自由度が高い青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンでは、より少数の東京ファンに向け、他媒体では載らないような情報でもお伝えしていくことができます。すべての記事をならべると、その一年の移り変わりを体感できるはず。あなたもワッショイで激動のシーズンを体感しよう!

 

■過去1週間の記事一覧

○12/5
○12/1
○11/30

 

◎後藤勝(ごとう・まさる)
東京都出身のライター兼編集者。FC東京を中心に日本サッカーの現在を追う。サカつくとリアルサッカーの雑誌だった『サッカルチョ』そして半田雄一さん編集長時代の『サッカー批評』でサッカーライターとしてのキャリアを始め、現在はさまざまな媒体に寄稿。著書に、2004年までのFC東京をファンと記者双方の視点で追った観戦記ルポ『トーキョーワッショイ!プレミアム』(双葉社)、佐川急便東京SCなどの東京社会人サッカー的なホームタウン分割を意識した近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(カンゼン)がある。2011年にメールマガジンとして『トーキョーワッショイ!MM』を開始したのち、2012年秋にタグマへ移行し『トーキョーワッショイ!プレミアム』に装いをあらためウェブマガジンとして再スタートを切った。

 

■J論でのインタビュー
「ライターと編集者。”二足の草鞋”を履くことになった動機とは?」後藤勝/前編【オレたちのライター道】

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ