青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

攻撃意欲に進歩が見られた国頭キャンプ。あす22日のvs.長崎戦で最初の仕上げ【1次キャンプレポート】

前線の中核となりつつある前田遼一。

左から太田宏介、小川諒也、ディエゴ オリヴェイラ、チャン ヒョンス、リッピ ヴェローゾ。ディフェンダーも積極的に、全体練習終了後のシュート練習に参加した。

2017シーズン、FC東京が挙げた得点はわずかに37。攻撃の改善を明言した長谷川健太監督は、東京の選手たちに自身で点を獲ろうとする意欲が足りない点を指摘していたが、どうやら早くも変化があらわれつつあるようだ。選手たちは積極的にゴール前に顔を出し、シュートを撃っている。以前からそうだった大森晃太郎のみならず、シュートを撃つ前の躊躇も薄れてきている。長谷川監督は言う。
「そうですね。だいぶ変化が見られます。ただ、これもやりつづけていかないと進化しないと思いますので、ひとつずつしっかりと。あした(22日。V・ファーレン長崎との)トレーニングマッチがありますが、そういう(実戦の)なかでどうなのかというところを見ながら、またトレーニングに取り組んでいきたいと思います」
長崎との練習試合で複数の組み合わせを確かめつつ、暫定的なメンバーを決めていくことになりそうだ。守備陣に比べるとどうなるかが読みにくい前線では前田遼一と富樫敬真、ディエゴ オリヴェイラと久保建英などのコンビが試されている。得意とするものがそれぞれにあり、能力の比較だけでなく機能性も考慮しなくてはならないため、やはり実戦での検証が必要となる。しかしゴールキーパーとディフェンスラインが現時点で強固なのかといえば、そう楽観したものでもない。守備陣について訊ねると、長谷川監督は次のように答えた。
「どんなやり方で守るかと統一されていればよいのですが、いままでは個の力でやっていたところがあると思うので、チーム全体、またディフェンスラインのユニットでしっかりと動けるように、引きつづきトレーニングをしていきたいと考えています」
清水エスパルスからガンバ大阪の監督となったときも守備を再構築してチームを浮上させただけに、組織の整備に期待したいところだ。
**********
全体練習の時間は短め。短時間の集中と強度を求めている。「清水のときもガンバのときもそうでしたけれども、だらだらとやるのが好きではないので、短い時間のなかでどれだけクオリティを上げていけるかということを選手に求めています」、と長谷川監督。そして「基本的には素走りをせずに、ボールを使いながらフィジカルを上げていきます。スプリントもありますが、そういうかたちで大阪でも4年間取り組んできましたので、東京でもそのようにやっていきたい」とも。“ケンタ流”がもたらす変身の初期段階が対外試合でどう表現されるのか、あす22日のvs.長崎戦が重要な試金石となる。

———-
後藤勝渾身の一撃、フットボールを主題とした近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(装画:シャン・ジャン、挿画:高田桂)カンゼンより発売中!
書評
http://thurinus.exblog.jp/21938532/
「近未来の東京を舞台にしたサッカー小説・・・ですが、かなり意欲的なSF作品としても鑑賞に耐える作品です」
http://goo.gl/XlssTg
「クラブ経営から監督目線の戦術論、ピッチレベルで起こる試合の描写までフットボールの醍醐味を余すことなく盛り込んだ近未来フットボール・フィクション。サイドストーリーとしての群青叶の恋の展開もお楽しみ」
———–

「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」とは

 

「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」について

『青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン』は、長年FC東京の取材を継続しているフリーライター後藤勝が編集し、FC東京を中心としたサッカーの「いま」をお伝えするウェブマガジンです。コロナ禍にあっても他媒体とはひと味ちがう質と量を追い求め、情報をお届けします。

 

 

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンは平均して週4回の更新をめざしています。公開されるコンテンツは次のとおりです。

主なコンテンツ

●MATCH 試合後の取材も加味した観戦記など
●KODAIRA 練習レポートや日々の動静など
●新東京書簡 かつての専門紙での連載記事をルーツに持つ、ライター海江田哲朗と後藤勝のリレーコラムです。独特の何かが生まれてきます

そのほかコラム、ニュース、などなど……
新聞等はその都度「点」でマスの読者に届けるためのネタを選択せざるをえませんが、自由度が高い青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンでは、より少数の東京ファンに向け、他媒体では載らないような情報でもお伝えしていくことができます。すべての記事をならべると、その一年の移り変わりを体感できるはず。あなたもワッショイで激動のシーズンを体感しよう!

 

■過去1週間の記事一覧

○2/21
○2/20
○2/19
○2/16
○2/14

 

◎後藤勝(ごとう・まさる)
東京都出身のライター兼編集者。FC東京を中心に日本サッカーの現在を追う。サカつくとリアルサッカーの雑誌だった『サッカルチョ』そして半田雄一さん編集長時代の『サッカー批評』でサッカーライターとしてのキャリアを始め、現在はさまざまな媒体に寄稿。著書に、2004年までのFC東京をファンと記者双方の視点で追った観戦記ルポ『トーキョーワッショイ!プレミアム』(双葉社)、佐川急便東京SCなどの東京社会人サッカー的なホームタウン分割を意識した近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(カンゼン)がある。2011年にメールマガジンとして『トーキョーワッショイ!MM』を開始したのち、2012年秋にタグマへ移行し『トーキョーワッショイ!プレミアム』に装いをあらためウェブマガジンとして再スタートを切った。

 

■J論でのインタビュー
「ライターと編集者。”二足の草鞋”を履くことになった動機とは?」後藤勝/前編【オレたちのライター道】

ご購読方法

3STEPで簡単登録!

  1. お客様情報のご登録

    まずは簡単無料登録!
    必要な情報はメールアドレスだけ!

  2. コンテンツ、決済方法の選択

    豊富なお支払い方法! クレジットカード、キャリア決済も対応!

  3. コンテンツの購読完了!

    お手続き完了後、コンテンツ内の有料記事がすぐに全て読める!

無料会員登録

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ