青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

【無料記事】J3第25節Preview◆チームに勢いを! 岡崎慎、前衛への供給線を築けるか(2017/09/28)

舌も滑らかな岡崎慎。コンディションの向上が積極的なプレーに反映されている。

3-4-3採用後は鈴木喜丈が3バックの中央を務め、その隣に同学年の岡崎慎が立つ布陣がつづいているFC東京U-23。3バックのもうひとりは前節が長谷川光基、その前が山田将之と、週ごとの編成事情によって変わるものの、鈴木+岡崎のコンビが一定している点は心強い。ディフェンスは組織プレー。FC東京U-18でも息の合っていたふたりがユニットとして機能していれば、連携面での不安要素は少なくなる。

3バックの特性に加え、鈴木に背中を預けることができるという事情も手伝ってか、このところ岡崎の攻撃参加が目につく。上がっていくときに反対サイドの、たとえば山田将之の位置は気にするか? と訊ねると、岡崎は3バックの位置はあまり気にしない、と言う。
「あまりヤマくん(山田将之)のことは気にしないですね。マッチアップしているフォワードの選手や、同サイドの(味方の)ウイングバック、ボランチとの位置関係を見ます。たとえばボランチがヨネくん(米本拓司)だった場合に、ヨネくんが一個落ちてきて、相手フォワードの選手と同じライン上、もしくは一歩前くらいでヨネくんからパスを受け、そのファーストタッチの時点で相手の3トップを全部剥がしているくらいがいちばん気持ちいいというか。一回(相手を)剥がしてからうしろに返すぶんに関しては、ラインが上がるのでそこは(ディフェンダー、ディフェンスラインとの関係や距離を)意識しますが」

攻め上がる頻度が高いことには理由がある。
「攻撃が好きなのでひとまず前に行きたい。低い位置からだと、そうとう質が高くないと(ユ)インスやウラの動き出し、前田遼一さんの足許にぴたっと合うボールを出すのは難しいですから。特に3(スリー)になって、ミスをしたらすぐ失点(に結びつく)というのはわかっているので」
つまり精度、スピードや強さを考慮すると、一歩前に出たほうが、フォワード陣へといいフィードなりスルーパスを送ることができる、というわけだ。
そのセンスや技術に関しては、ユースで培ってきたものの見せどころなのではないか――と水を向けると、岡崎は同意した。
「そうですね、ユースのときにだいぶ暴れていたので(笑)、どれだけ暴れたらやばいかとか、その反対にこれだけ行けば相手がどうなると、ある程度学べたので、そこはいいかなと。右左交互に、中央に、あるいはワイドもと、器用にこなしていけるといいと思います」

長期間のリハビリは彼にとってのシーズンオフ。やはり一度、生活のサイクルのなかに練習を落とし込んでいかないと、“仕事”であるサッカーと並行して取り組んでいる学業から何から、勝手がくるうらしい。けがから復帰した現在がようやく開幕後のようなもので、サッカーのリズムが整ってくると、生活も整いはじめたという。

「激しい“遊び”はやめました。バスケが好きで、体育館でやる気満々でやっていたんですけど。そのほかにもスポッチャやバッティングセンターなどの施設でからだを動かす遊びが好きだったんですが」
しかしプロサッカー選手である以上、一日に運動する量をコントロールすることも必要だ。まして負傷離脱から戻ってきたばかりとあっては、より慎重にならざるをえない。
「よくないときに膝をさらに酷使するのも問題ですから。治ったあとであればバスケはリハビリに最適なスポーツだと思うんですが、ジャンプとそれに伴う着地、接触を考えると、まだそのときではないかな、と」
けがと付き合いながら、プレーできる状態に調整する術(すべ)を身に付けたことは自信になってもいる。からだの状態を把握する自覚も、プロとしての成長の一端を示すものだろう。
運動する度に痛みなどの症状が出るが、その波は日数を経るごとにゆるやかになってきているという。いまはバスケットボールはお預け。しかしじきに再開できる春も来るだろう。それまでに何度岡崎が攻め上がり、前線にいい配球をすることができるのか。
まずは10月1日に味の素フィールド西が丘でおこなわれるJ3第25節vs.グルージャ盛岡戦で、彼の前向きなプレーを目撃したい。

「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」とは

 

「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」について

『青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン』は、長年FC東京の取材を継続しているフリーライター後藤勝が編集し、FC東京を中心としたサッカーの「いま」をお伝えするウェブマガジンです。コロナ禍にあっても他媒体とはひと味ちがう質と量を追い求め、情報をお届けします。

 

 

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンは平均して週4回の更新をめざしています。公開されるコンテンツは次のとおりです。

主なコンテンツ

●MATCH 試合後の取材も加味した観戦記など
●KODAIRA 練習レポートや日々の動静など
●新東京書簡 かつての専門紙での連載記事をルーツに持つ、ライター海江田哲朗と後藤勝のリレーコラムです。独特の何かが生まれてきます

そのほかコラム、ニュース、などなど……
新聞等はその都度「点」でマスの読者に届けるためのネタを選択せざるをえませんが、自由度が高い青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンでは、より少数の東京ファンに向け、他媒体では載らないような情報でもお伝えしていくことができます。すべての記事をならべると、その一年の移り変わりを体感できるはず。あなたもワッショイで激動のシーズンを体感しよう!

 

■過去1週間の記事一覧

○6/18
○6/17
○6/16
○6/15
○6/14
○6/11

 

◎後藤勝(ごとう・まさる)
東京都出身のライター兼編集者。FC東京を中心に日本サッカーの現在を追う。サカつくとリアルサッカーの雑誌だった『サッカルチョ』そして半田雄一さん編集長時代の『サッカー批評』でサッカーライターとしてのキャリアを始め、現在はさまざまな媒体に寄稿。著書に、2004年までのFC東京をファンと記者双方の視点で追った観戦記ルポ『トーキョーワッショイ!プレミアム』(双葉社)、佐川急便東京SCなどの東京社会人サッカー的なホームタウン分割を意識した近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(カンゼン)がある。2011年にメールマガジンとして『トーキョーワッショイ!MM』を開始したのち、2012年秋にタグマへ移行し『トーキョーワッショイ!プレミアム』に装いをあらためウェブマガジンとして再スタートを切った。

 

■J論でのインタビュー
「ライターと編集者。”二足の草鞋”を履くことになった動機とは?」後藤勝/前編【オレたちのライター道】

ご購読方法

3STEPで簡単登録!

  1. お客様情報のご登録

    まずは簡単無料登録!
    必要な情報はメールアドレスだけ!

  2. コンテンツ、決済方法の選択

    豊富なお支払い方法! クレジットカード、キャリア決済も対応!

  3. コンテンツの購読完了!

    お手続き完了後、コンテンツ内の有料記事がすぐに全て読める!

無料会員登録

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

———–
後藤勝渾身の一撃、フットボールを主題とした近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(装画:シャン・ジャン、挿画:高田桂)カンゼンより発売中!
書評
http://thurinus.exblog.jp/21938532/
「近未来の東京を舞台にしたサッカー小説・・・ですが、かなり意欲的なSF作品としても鑑賞に耐える作品です」
http://goo.gl/XlssTg
「クラブ経営から監督目線の戦術論、ピッチレベルで起こる試合の描写までフットボールの醍醐味を余すことなく盛り込んだ近未来フットボール・フィクション。サイドストーリーとしての群青叶の恋の展開もお楽しみ」
———–

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ