「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

前半は悪い流れのまま2失点。後半反撃もゴールは遠く。今年は2回戦で敗退。【天皇杯2回戦 藤枝MYFC戦速報】(24.6.12)

第104回全日本サッカー選手権大会

2024年6月12日19時キックオフ 藤枝サッカー場

入場者数 867

藤枝MYFC 2-0 栃木SC

(前半2-0、後半0-0)

得点者:5分 シマブク カズヨシ(藤枝)、33分 中川風希(藤枝)

気温 23.4℃
湿度 74%
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 1 川田修平
DF 17 藤谷匠
DF 23 福島隼斗
DF 40 高嶋修也
MF 3 黒﨑隼人
MF 6 大森渚生
MF 41 朴勇志
MF 44 揚石琉生
FW 20 井出真太郎
FW 29 矢野貴章
FW 38 小堀空
控えメンバー
GK 31 中島佳太郎
DF 2 平松航
MF 10 森俊貴
MF 24 神戸康輔
FW 18 川名連介
FW 42 南野遥海
FW 9 イスマイラ

46分 藤谷→平松
46分 黒﨑→川名
58分 福島→森
71分 朴→神戸
80分 矢野→イスマイラ

 

■速報

栃木は前半、後方でボールを持てるのだが前進できない展開。藤枝がミドルゾーンで構えているところにパスを刺し込み、回収されるシーンが続いた。33分には自陣で奪ったボールの1本目がズレると藤枝の即時奪還の網にかかり、そのままショートカウンターから2失点目を喫した。前半は際の争いでも後手を踏んでおり、ほぼノーチャンスで折り返した。

後半は際やセカンドの強度が引き上がり、また、2点リードの藤枝がやや後ろに構えたこともあり相手陣内でボールを動かす時間を作り出していく。ボランチに神戸が入ると揚石との程よい距離感からボールを支配し、縦パスを刺し込むなどしながら相手ゴールの一手前まではいけていたが、ラストのパスがやや雑で繋がらない。後半から投入されたドリブラーの川名は当初は右サイド、途中から左サイドのウイング的に立ち振る舞うと、強引な縦突破から相手をえぐり、クロスまでこぎつけるシーンを何度も作り出す。しかしラストが合わずにスコアを動かすことはできなかった。

前半の2失点がすべて。後半は守りに重心をおいた藤枝を崩せなかった。

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ