「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

川名連介「勝負すること自体は表現できた。これが始まりだと思っているので、後半戦に向けてやっていきたいです」【天皇杯2回戦 藤枝MYFC戦後のコメント】(24.6.12)

第104回全日本サッカー選手権大会

2024年6月12日19時キックオフ 藤枝サッカー場

入場者数 867

藤枝MYFC 2-0 栃木SC

(前半2-0、後半0-0)

得点者:5分 シマブク カズヨシ(藤枝)、33分 中川風希(藤枝)

気温 23.4℃
湿度 74%
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 1 川田修平
DF 17 藤谷匠
DF 23 福島隼斗
DF 40 高嶋修也
MF 3 黒﨑隼人
MF 6 大森渚生
MF 41 朴勇志
MF 44 揚石琉生
FW 20 井出真太郎
FW 29 矢野貴章
FW 38 小堀空
控えメンバー
GK 31 中島佳太郎
DF 2 平松航
MF 10 森俊貴
MF 24 神戸康輔
FW 18 川名連介
FW 42 南野遥海
FW 9 イスマイラ

46分 藤谷→平松
46分 黒﨑→川名
58分 福島→森
71分 朴→神戸
80分 矢野→イスマイラ

 

■川名連介

――縦への仕掛けが印象的でした。

「縦に仕掛けろと言われていたので。中へのカットインもいいんですけど、前回の試合で中へ行ってしまうことが多くて、でもそうじゃないと。今日は縦のポケットを取ってからクロスをイメージしていました。勝負すること自体はたくさん表現できたと思います」

――小林監督からもこの試合に向けて縦に仕掛けろと注文されていたと。

「そうですね。もともと縦に勝負するタイプなんです。僕は今年のリーグ戦の藤枝戦がデビュー戦だったんですけど、なかなかプレーできずに終わってしまって。でもようやく今日はプレーできた感覚があるし、0対2で負けている状態で、縦に仕掛けないといけない状況だったし、思い切って縦に仕掛けました。ただ、得点やアシストという結果を残さないといけないと思っています。これが始まりだと思っているので、後半戦に向けてやっていきたいです」

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ