「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

井出真太郎「後半にできたことは前半からできると思うんです。全員が見つめ直してやっていく必要があると思います」【天皇杯2回戦 藤枝MYFC戦後のコメント】(24.6.12)

第104回全日本サッカー選手権大会

2024年6月12日19時キックオフ 藤枝サッカー場

入場者数 867

藤枝MYFC 2-0 栃木SC

(前半2-0、後半0-0)

得点者:5分 シマブク カズヨシ(藤枝)、33分 中川風希(藤枝)

気温 23.4℃
湿度 74%
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 1 川田修平
DF 17 藤谷匠
DF 23 福島隼斗
DF 40 高嶋修也
MF 3 黒﨑隼人
MF 6 大森渚生
MF 41 朴勇志
MF 44 揚石琉生
FW 20 井出真太郎
FW 29 矢野貴章
FW 38 小堀空
控えメンバー
GK 31 中島佳太郎
DF 2 平松航
MF 10 森俊貴
MF 24 神戸康輔
FW 18 川名連介
FW 42 南野遥海
FW 9 イスマイラ

46分 藤谷→平松
46分 黒﨑→川名
58分 福島→森
71分 朴→神戸
80分 矢野→イスマイラ

 

■井出真太郎

――公式戦ではこれだけ長い時間プレー(フル出場)したのは初めてですね。

「長いプレーは今回が初めてですね」

――シャドーで中でプレーしましたが、前半と後半で流れが変わりました。

「前半は相手に合わせたわけではないですけど、自分たちの回す位置が低くて、結果的に後半は回す位置が高くなって、攻撃に繋がったシーンも多かったと思います。でも後半にできたことは前半からできると思うんです。全員が見つめ直してやっていく必要があると思います」

――前半と後半で持てる位置が高くなったポイントはどこだったでしょう。

「ボランチをうまく使えるシーンが後半は増えていったと思います。前半は少し手詰まりになるというか、でも後半は縦関係になったり横関係になったりできていて、そこに自分もシャドーとして間で受けつつ、背後に飛び出して狙うという意識はあったんですが、それを結果に繋げることができなかったので反省しないといけないと思っています」

――縦パスを受けたときにターンして剥がしてカウンター気味に持ち出すシーンがありました。公式戦で中でプレーしてみてどういう感触を持ちましたか?

「この前の練習試合はボランチで出場したのですが、ボランチやシャドーは中のプレーになりますが、中でプレーすることによって新たな自分を高めることができると思っているんです。自分を成長させるためにも中でプレ―することは大切かなと思っています」

――本来は外が持ち味だと。

「もともとは外ですけど、与えられたポジションで何ができるかが大事なので。今日はシャドーとして得点やアシストに絡むことができなかったので、もっと突き詰めて、練習から細かい部分を詰めたいです。今日の2失点目もパスがズレていて(カウンターを受けた)、細かい部分を修正していかないといけないし、悪い流れを断ち切れないと思います。練習から強度を高く、細かい部分を詰めていきたいです」

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ