「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

内容は圧倒するも、ゴール前のクオリティや気迫を欠く。【J2第19節 ザスパ群馬戦 レビュー】(24.6.9)

2024明治安田生命J2リーグ第19節

2024年6月8日19時キックオフ カンセキスタジアムとちぎ

入場者数 6,047

栃木SC 1-1 ザスパ群馬

(前半0-1、後半1-0)

得点者:45+2分 髙澤優也(群馬)、47分 大島康樹(栃木)

気温 22.1℃
湿度 72%
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 27 丹野 研太
DF 23 福島 隼斗
DF 2 平松 航
DF 33 ラファエル
MF 10 森 俊貴
MF 24 神戸 康輔
MF 15 奥田 晃也
MF 7 石田 凌太郎
FW 42 南野 遥海
FW 19 大島 康樹
FW 32 宮崎 鴻
控えメンバー
GK 1 川田 修平
DF 17 藤谷 匠
MF 41 朴 勇志
MF 6 大森 渚生
FW 18 川名 連介
FW 29 矢野 貴章
FW 38 小堀 空

71分 福島→藤谷
71分 森→川名
84分 矢野→宮崎
90分 石田→大森
90分 大島→小堀

 

▼序盤は攻勢をかけるが決め切れず

試合前の予想どおり、群馬が[5-3-2]で堅く守るのに対して、栃木は両脇のCB、福島とラファエルに時間ができる状態だった。

序盤から栃木が圧倒的にボールを支配し、攻め込んでいく。ロストしたときに即時奪回する意識もハイプレスの強度も十分。いきなり群馬のCB中塩のフィードから髙澤に一発で背後を取られたシーンはヒヤリとしたが、それ以外は群馬陣内でゲームを進めていった。

16分には石田が中に刺し込んだパスをスイッチに、最後は森がポケットに侵入するもクロスはわずかに合わず。

21分には獲得したCKからペナルティエリア内でフリーになった南野が左足を振り抜いたが上へふかした。

24分にはラファエルが中へ刺し込み、バイタルエリアで南野が起点を作り、落としを受けた神戸から森が背後を取って群馬ゴールに迫ったが、これも決まらなかった。

28分には左サイドから石田が中に侵入し、神戸がゴール前中央からミドルを放つもGK正面。

どれか一つでも決め切り、先制したかったが叶わず。やがて群馬が守り慣れし、手を打ってきたことで攻勢が止んだ。

5-3-2]で守っていた群馬だが、栃木の両脇のCB、福島とラファエルにボールが入るときの時間とスペースを潰すべく、30分過ぎには、中盤3枚のサイドが縦ズレの意識を早くして福島とラファエルを捕まえにきた。これでピッチ上は栃木が[3-2-5]、群馬が[5-2-3]。ピタリと全選手がマンツーマンでハマる形になった。

栃木はそれまで時間とスペースがあった福島とラファエルに時間がなくなり、同時にシャドーらが背後へ抜けるアクションも減り、CB勢が前を見ても出せず、ボールを下げざるを得ないシーンが続くようになった。

「前半はうちの前線5枚に対して、相手の最終ラインの5枚が張り付いていたので、一人が剥がさないとチャンスにならないし、3バックの脇の攻撃参加も含めて、どこかで仕掛けるとか、追い越すとか、パワーを出すことが足りていなかった」(大島)

(残り 4380文字/全文: 5607文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ