「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

栃木に飛び込んだ石田凌太郎が握り締める次なる目標。「試合に出ることで初めて選手として価値を示せるし、あとは結果」【2023シーズン振り返り】(23.11.29)

29日の練習後、夏に名古屋から加入した石田凌太郎にこの半年間をざっくりと振り返ってもらった。

 

▼自分は試合に出ていただけだった

――今季は夏に名古屋からやってきて、最初は途中出場でしたが、32節水戸戦(△2-2)で初スタメンを掴みました。あの試合は最終的にPKを奪うプレーで貢献しましたが、試合中に「最後までプレーさせてほしい」と監督に伝えたそうですね。

「まだできるという自信もあったし、何かこのチームに還元したいという思いで監督には伝えたんです」

――それまで途中出場も続いていたし、もっとやれるという思いも蓄積していた。

(残り 1978文字/全文: 2243文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ