「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

前節最終ラインに入ったルーキー平松航「もっとトライすべきだった」【今季初スタメンの感触】(23.4.20)

前節甲府戦(●0-1)で今季初スタメンを飾った平松航。右CBとして90分間プレーし、何を感じたか。

 

▼もっとやれるし、もっとやらないと

――前節甲府戦(●0-1)で右CBとして今季初スタメンを飾りましたが、試合を通じた感触は?

「連戦だったのでチャンスは来ると思って準備していましたが、チームに新たな活力をもたらすことはできなかったし、まだまだ課題はあると思いました」

――活力というのは守備面ですか?

「そうですね。自分は攻撃参加はまだまだ課題だと思っていて、それよりもまず守備を安定させて、奪ったボールを前に運んでいくところをストロングとして出したいんです。ボールを奪ったときのクオリティをもっと出せたらチームに勢いが出たかなと」

(残り 1830文字/全文: 2148文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ