「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

【OB探訪】中美慶哉インタビュー 後編「トチエスのためにできることに携わりたい。僕はここが地元だし、トチエスのアカデミーのプロ第一期生だし、何かできたら」【インタビュー】(22.11.1)

【OB探訪】中美慶哉インタビュー 前編「最後に、練習試合でしたけど栃木SCのユニフォームも着られたので、それで気持ちのけじめはついたんです」

 

▼金沢、松本で活躍し、そしてJ1

――金沢での2年目は12ゴール・7アシスト。10番をつけていました。

「前年は最下位だったチームを残留させた功績を認めてもらい、10番をと」

――個人的に鳥栖に戻ってJ1でやる考えもあったのでは。

「夏に加入して以降、半年間で金沢の顔として受け入れられていたので、金沢でもう1年頑張って結果を出せば、また色々な選択肢が出てくると思っていたんです。それで実際に結果も出せた。42試合中41試合でスタメンで出られたし、自分のスタイルとしてヤンツーさん(金沢の柳下正明監督)が合っていた」

――ヤンツーさんは合っていた。

「自分がやりたいサッカーだったし、プラスの言葉ばっかり掛けてもらい、自由にやらせてくれたんです」

――サイドとFW

「そうですね」

――その活躍があって、松本山雅へ。ここで反町康治監督との出会いがありました。

「反さんはまた出会ったことがない監督でした。山雅は反さんが作り上げた歴史があったわけですが、実際に入ってみると緻密さは感じましたね」

――緻密なんですね。

「やばいです。ミーティングでは相手の分析、ここを突く、この試合のCK1本目はここを狙うとか、FKは最初はこれをやるとか」

――全部決まっているんですね。

「セットプレーの守りの堅さも徹底しているし。山雅に行って思ったのは、セットプレーの確認を試合前日にやるんですが、確認レベルではないんですよ。血を流すんです」

――血?

(残り 7352文字/全文: 8028文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ