「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

レギュラー組の牙城に食い込むのは誰か。【10/24 練習フォトレポート】(19.10.24)

メンデスがスキンヘッドに。

川田修平。大事にボールをキャッチング。ちなみにボールを蹴る吉本GKコーチのキック精度が非常に高いことは練習のなかで見てほしい一つの風景。

どういうメンバーが入ってきても温井駿斗のキック精度はチーム随一だ。

▼堅いレギュラー組の牙城、食い込もうとするサブメンバー組

24日はさくらスタジアムでのトレーニング。

冒頭は、20メートルほどの距離を合図とともにダッシュ、そしてゴールラインでストップ、といった内容のシャトルランを十数分ほど。

その後、変則的な333+フリーマンのボール回しを行ったあと、フルコートの1111の紅白戦に移行した。

(残り 1262文字/全文: 1747文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ