「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

【無料記事】【レポート】栃木SCユース 敗者復活戦を制し、2大会連続で全国行きを決める! クラブユース選手権(U-18)。

相模原との敗者復活戦を制し、2年連続で全国行きを決める!

 

クラブユース選手権(U-18)関東大会は11日、敗者復活戦が行われ、栃木SCユースがSC相模原U-18に3-1で勝利。関東第11代表として、2年連続となる全国大会を決めた。

 

敗者復活戦最終戦。試合は、相模原に先制を許して前半を折り返す苦しい展開に。閉ざされかけた扉をこじ開けたのは、10番早乙女達海。同点、そして逆転ゴールを立て続けに決めた。今大会ここまで6試合続けてゴールから遠ざかっていたが、最後の最後で大仕事をやってのけた。後半アディッショナルタイムには、カウンターから9番坂本昂優がダメ押しゴールを決め、追いすがる相模原を振り切って、全国大会へ最後の切符を掴み取った。

 

関東地区より全国大会に進むのは、以下の11チーム。

FC東京U-18
川崎フロンターレU-18
浦和レッズユース
鹿島アントラーズユース
柏レイソルU-18
横浜F・マリノスユース
横浜FCユース
FC町田ゼルビアユース
湘南ベルマーレユース
ジェフ千葉U-18
栃木SCユース

 

栃木SCユースは今大会、横浜F・マリノスと湘南ベルマーレに二度の大敗を喫しても、その後も心折れず戦い抜き、全国行きを掴み取った。今回の試練は彼らを心身ともに鍛えてくれただろう。昨年は勝利を挙げることができなかった本大会だが、今年はグループリーグ突破が期待される。

全国大会については、組み合わせ抽選が行われ次第、また改めてお伝えしたいが、すでにグループリーグの初戦は7月23日(日)に決まっている。当日は栃木SCトップチームの試合翌日だが、ぜひ前橋まで駆けつけて選手たちの後押しをして頂ければと思います。

 

PickupPlayer

ユースの2年生は現在4名。彼らが中3だった2年前、下部組織もトップチーム同様に混迷を極め、選手の流出が止まらなかった。そんな苦しい状況でもユースに昇格及び加入を決めてくれた彼らのうち、前回紹介した坂本昂優以外の3名をご紹介。 

14神野 淳(MF

ジュニアユースより昇格。昨年よりレギュラーを務め、今年はWボランチの一角としてゲームを組み立てる。読みの鋭い守備も魅力

6川原 丸暉(DF/MF

FCファイターズより加入。今年から左サイドバックに定着。菅和範を彷彿とさせる典型的なファイター型で、攻守に渡って声を出し、体を張ってチームを盛り上げる。

17柳 陸斗(MF

ジュニアユースより昇格。左利きのドリブラー。昨年は怪我を繰り返したが、ここへきてスタメンを固定できていない右サイドハーフのレギュラー争いに参戦。

(文 編集部スタッフ)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ