「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【無料記事】【お知らせ】7月の更新予定(24.6.28)

こんばんは、ライター海江田です。

シーズン前半を締めくくるJ1第19節の名古屋グランパス戦、東京ヴェルディは翁長聖のスーパーゴールで挙げた1点を守り、辛くも勝利。試合後、ゴール裏のサポーターの前に立った谷口栄斗は「タツシくんに捧げる今日の勝利でした」と絞り出すように言いました。

先日、訃報が届いた平田竜士さんは東京Vユース98年組で、深澤大輝や佐藤久弥の同期。谷口のひとつ上です。彼については、SBGの開設初年度の記事が1本残されています。

【無料記事】【フットボール・ブレス・ユー】第15回 大河の一滴(2016/12/22)

たまたま死がテーマで、こんなにうれしくない偶然もあるのだなと。最近、緑に染まってきた方々にも知ってもらえたらと思います。

長らくお付き合いいただいている読者から新たにご縁のあった読者まで、常日頃より何かとお世話になり感謝申し上げます。では、7月の更新スケジュールです。

月 
火 【練習レポート】または【トピックス】
水 【コラム】または不定期企画
木 
金 【監督・選手コメント】
  J1試合開催日 【直前インフォメーション】【SBGラジオ部】
【マッチレポート】
※【マッチレポート】は試合翌日の更新。平日、日曜開催も。
※予想スタメンは試合前日の更新。
※【コラム】は、【この人を見よ!】【フットボール・ブレス・ユー】【大東京書簡】のいずれか。第2週は試合の日程が詰まっているためお休みです。
※諸事情により、予定が変更になる場合があります。

来月はリーグ戦3試合に天皇杯1試合が予定され、サマーブレイクに国際親善試合ありとだいぶゆったりした日程になっています。最大の関心事は夏の補強の動きですね。

夏の移籍ウインドーは7月8日にオープン。ここに東京Vがどういった戦略で臨むのか、江尻篤彦強化部長のインタビューを初旬に掲載します。

それにしても、毎試合気の抜けないJ1の戦いはおもろうてしゃあないです。その分、1試合の負荷が高く、ふとしたときにどっと疲れを感じたりします。これから消耗の激しい季節、休めるタイミングでひと息入れ、自分なりに調整しながら参りましょう。それでは。

海江田哲朗 拝

 

『ランド百景』2024.6.23

『ランド百景』2024.6.23

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ