「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【直前インフォメーション】天皇杯-2 AC長野パルセイロ戦のポイント(24.6.12)

綱島悠斗は主軸として一本立ちが期待される。

綱島悠斗は主軸として一本立ちが期待される。

天皇杯2回戦、東京ヴェルディはAC長野パルセイロと18時30分から味の素フィールド西が丘で対戦する。トーナメントを勝ち上がり、チームの幹をより太くしていけるか。出場機会に飢える選手たちのパフォーマンスにも注目が集まる。

■ポジティブな変化に富む

グラウンドから緩やかな坂道を下り、選手たちがクラブハウスに引き上げてくる。あの長身は間違いない。綱島悠斗だ。いつもピッチの余熱を漂わせ、やり切った様子で姿を見せる。

「つい練習をやりすぎてしまうことがあり、ヒトシさん(森下仁志コーチ)からは『焦らなくていいから』と言われるんですが、どうしても不安になるんですよね。本当はもっとやれたのではないか、これで目指している高いレベルに到達できるのかと。その日、グラウンドでやれることは全部やって、一日を終えたい」

(残り 1408文字/全文: 1844文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ