「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【監督・選手コメント】J1-12[H] ジュビロ磐田戦に向けて ~城福監督、千田、山田裕、袴田~(24.5.5)

山田裕翔は前節のサガン鳥栖戦、J1初出場を果たした。これからの活躍に期待だ。

山田裕翔は前節のサガン鳥栖戦、J1初出場を果たした。これからの活躍に期待だ。

5月6日のJ1第12節、ジュビロ磐田戦(13:00 味の素スタジアム)に向けて、城福浩監督、千田海人、山田裕翔、袴田裕太郎は次のように話した。

DF25山田裕翔
――前節のサガン鳥栖戦(2‐0○)、短い時間でしたが、J1初出場を果たしました。
「緊張もあって、あまり憶えてないんですよね。1‐0の状況でしたから、とにかく相手のフォワードに仕事をさせず、ゴールを守ることを意識しました。自分が入って後ろを3枚にする形は練習から準備していたこと。今季、終盤に失点することが多く、ゲームの締め方はチームの課題としてありました。しっかりクローズできるのは、今後強みとしていきたいです」

――ルヴァンカップの鹿児島ユナイテッドFC戦(1‐0○)でフル出場の経験も生きた?
「守備の人間ですから、無失点は何よりの評価で自分の価値の証明につながる。あの1試合の経験は大きかったと思います」

――連戦が続く5月は、出場機会をつかむにはチャンスです。
「次は鳥栖戦から中2日ですし、(12日の第13節)鹿島戦は(林)尚輝くんが契約の関係で出られない。いつ出番がきてもいいように、いい状態で練習に取り組みたいと思います」

(残り 3597文字/全文: 4195文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ